画像:Nestor Rizhniak/Shutterstock

薬剤師が熟睡のために“絶対しないこと”とは?「お風呂上がりのストレッチは…」

睡眠は、明日への活力に繋がる大切なものです。しっかり熟睡するために工夫している人も多いのではないでしょうか。

しかし、情報が溢れすぎてどれがいいのか分からないという人も。そこで今回は、SNSで多くの人から支持されている薬剤師のキクオさんに、薬剤師が熟睡するために絶対にしないことを伺ってきました。

【関連記事】【PR】人気トレーナーが、健康のために取り入れている習慣とは?「サプリとストレッチで…」

 

熟睡するために絶対しないこと

画像:Sarayut Sridee/Shutterstock
画像:Sarayut Sridee/Shutterstock

──キクオさんが熟睡するために、夜にしないと決めていることを教えてください。

(1)過度な飲食

過度な飲食はしないです。寝る30分前には確実に何も食べていないと思います。飲み物は水くらいです。理由としては胃の中に食べ物が溜まって苦しくなるからです。私の場合、起きた時にむくんでいるなど、消極的な気分で1日がスタートするからです。

(2)過度なストレッチ

過度なストレッチはしないようにしています。お風呂上がりのストレッチはよいとされていて、入眠もしやすいと思いますが、汗を流すくらいの強度のストレッチは避けるようにしています。

(3)スマートフォンを触らない

スマートフォンでマンガを読むことはやめています。実は以前はしていました。毎日配信をしているマンガはついつい寝る前の時間を使って見てしまいます。

辞めた理由としては目が疲れるようになり、それ依頼、寝る前にスマートフォンを見るのは避けています。

──熟睡するために他にキクオさんがしていないことはありますか?

お昼寝を極力しないことです。軽くお昼寝をしようとして寝てしまうと、私の場合は3時間程度寝てしまうことが多く、夜が眠れなくなるサイクルになってしまうことがありました。そのため「昼寝はしない」と決めて、夜の睡眠時間を確保しています。

おすすめできない夜の習慣とは

画像:aslysun/Shutterstock
画像:aslysun/Shutterstock

──一般の人がしがちな、おすすめできない夜の習慣はありますか?

SNSのチェックですね。時間があるとついついスマートフォンを開いて見てしまいます。

時間を決めてのチェックは良いかと思いますが、寝る前にずっとSNSをチェックすると睡眠に入りにくい気がしています。

【関連記事】医師が“免疫のために絶対にしないこと”3選!「8時間睡眠を…」

 

いかがでしたか? キクオさんがお話ししてくれたことを参考にしてみるといいかもしれないですね。

※本サイトにおける医師および各専門家による情報提供は、診断行為や治療に代わるものではなく、正確性や有効性を保証するものでもありません。また、医学の進歩により、常に最新の情報とは限りません。個別の症状について診断・治療を求める場合は、医師より適切な診断と治療を受けてください。

<プロフィール>
キクオ
薬剤師ブロガーとして、ブログをはじめSNSや自身のメディアを通して医療情報を毎日発信している。医療関係者や薬学生にとって役立つ情報を分かりやすく伝えた内容は多くの人から支持を集め、2021年3月現在Instagramのフォロワーは10万人を超えている。
【ブログ】薬ロマ
【SNS】YouTube:薬剤師キクオ、Instagram:@kikuo1005

【画像・参考】
※Nestor Rizhniak・Sarayut Sridee・aslysun/Shutterstock

【おすすめ記事】
【PR】週7時間の運動は欠かさない!50代「トライアスロンコーチ」が、健康のために続けていることとは?
【食事術】40代・50代こそ“腸内ケア”すべき!? 夫婦で取り入れたい「善玉菌を増やす習慣」
【健康法】「ぎっくり腰がきっかけで…」栄養専門医が実践する“健康法”とは
【免疫】新しい環境で体調崩してない?副交感神経を優位にする「3つのポイント」とは
【サプリ】「自分に合ったサプリって…?」フォロワー10万人超の薬剤師が教える、サプリの注意点
【メンタル】「何をやってもうまくいかない…」現役心理士が教える、“鬱”から身を守る方法