-10歳は若く見られるかも!? 美しく見える「立ち方」「歩き方」とは

頭が前に出て曲がった姿勢の人と、背筋がピンと伸びた美しい姿勢の人とではどちらが魅力的に見えるでしょうか? 美しい姿勢の人の方が、より若々しく見えそうですよね。

そこで今回は、プロトレーナーの坂詰真二氏が著書『1日1ページで痩せる ダイエット最強の教科書』(日本文芸社)でおすすめしている、美しい立ち方・歩き方をご紹介していきましょう。

スタイルが良く見える正しい「立ち方」「歩き方」とは?

坂詰氏によれば「正しい姿勢を意識するときに最も重要なのは『足』」だそう。姿勢を良くしようと思うと背筋や胸を意識しがちですが、足を意識するのは意外ですよね。

すべての筋肉と骨格は連動しているため、土台の足から整え、全体の姿勢を良くするのがいいと坂詰氏は述べています。立つ時、歩く時に全てを支える足は、やはり重要なのですね。

反対に足のバランスが偏っていると、全体の姿勢に影響を及ぼしかねないので、注意する必要がありそうですね。

正しい「立ち方」「歩き方」のポイント

坂詰氏によると「歩行は立った姿勢の延長にある」らしく、正しい歩き方より先に、立ち方を意識する必要があるそうです。

そして正しい姿勢になることで、「見た目も若々しく、美しい歩き方に変わる」のだとか。早速その方法をご紹介しましょう。

画像:1日1ページで痩せる ダイエット最強の教科書(坂詰真二)/日本文芸社

(1)足を少しだけ横に開き、つま先と膝を正面に向けます。足の内側に体重をかけ、太ももの内側に力を入れます。骨盤を立つようにし、背すじを伸ばして胸を高く引き上げます。

画像:1日1ページで痩せる ダイエット最強の教科書(坂詰真二)/日本文芸社

(2)歩き始める前に、正しい姿勢で立ちます。意識的に足の内側に荷重します。つま先と膝を正面に向けます。上半身も正しい姿勢を意識します。腕は自然に振ります。

坂詰氏によると、正しい立ち方、歩き方をすることで「美しく見えるようになるだけではなく、動きやすくなるためダイエットに役立つ」そうです。

今すぐ始められることなので、挑戦してみるのはいかがでしょうか。

【関連記事】年末年始で“ぽっこりお腹”になってない? おうち時間でできる簡単腹筋トレーニング

 

いかがでしたか? 足を意識し姿勢を整え、若々しい見た目を手にいれてみてください。

【参考・画像】
1日1ページで痩せる ダイエット最強の教科書(坂詰真二)/日本文芸社
※ Fast&Slow/PIXTA(ピクスタ)

【おすすめ記事】
【PR】“働き盛り”パパの悩みを大公開!家族を守りたい「父親」にオススメのサプリとは?
【仕事】YouTuber・ドクターハッシーの仕事術公開!4つの仕事をこなすための「マルチタスク術」
【ダイエット】「ぽっちゃりお腹」どうする?トレーナー直伝の“腹筋”で効率よく引き締めよう
【食事術】腸活フードで健康的に!管理栄養士おすすめの「腸を整える」食事とは?
【財テク】“節税”したい人必見!知らなきゃ損する「確定申告」の2つのコツ
【ビジネス】部下の「やる気」が出る条件とは?上司が覚えておきたい大切なポイント