“働き盛り”パパの悩みを大公開!家族を守りたい「父親」にオススメのサプリとは?

仕事や育児、家事、家族の収入面など様々なことを背負いがちな“働き世代の父親”たち。もちろん夫婦で助け合ってはいますが、年齢を重ねるにつれて考えるべきことは増えてきますよね。

仕事や日々の忙しさの影響で「家族との時間をうまくとれていない」「仕事で疲れてしまっている」といった悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、仕事と育児を両立している(しようと頑張っている)、働き世代の父親たちにインタビューしてきました。父親のリアルなお悩みや、円満な夫婦仲を作る工夫などが見えてきたのでご紹介します!

リモートワークになっても家族時間は変わらない?

画像:READY

今回お話を伺ったのは、こちらの3名です。会社員の神野哲也さん(40歳)、看護師の竹尾保之さん(32歳)、会社員の三橋祐介さん(47歳)です。この3名に家族との時間をどう過ごしているのか、日ごろの悩みについて聞いてみました。

——リモートワークになってから、子どもと過ごす時間は増えましたか?

竹尾さん(以下敬称略):看護師なのでリモートワークがなくて、以前までとあまり変わりませんね。寝かしつけに時間がかかったりするので、1日3~4時間ですね。

神野:保育園の準備や送り迎えなどが、子供との時間です。最近は自宅で仕事をすることも増えたので、夜に少し遊べるかなといったところです。

三橋:ほとんど変わらないです。毎日朝と夜の30分くらいで合計1時間とか。仕事が遅くなると夜は話ができないので、朝だけになってしまったり。十分に取れているとは言えないですね。

働き方や、お子さんの年齢、共働き、といった点でも違いはありますが、子どもとの家族時間は十分には取れていないようでした。

週末は「できるだけ」家族時間を増やしているが…

画像:pearlinheart /PIXTA(ピクスタ)

——週末の家族との時間はどう過ごしていますか?

竹尾:仕事が休みの週末くらいは「妻の1人の時間を作ってあげたいな」と思っているので、私が子どもと公園に行ったりしています。とはいえ、まだまだ足りない部分はあると思っています。

神野:私も土日は子どもと公園に行ったり、平日できないお風呂に入れることや、寝かしつけをしています。

三橋:休日には、子供と公園などでアクティブに遊ぶようにしています。ただ、年齢のせいか体力的に疲れるようになりましたね。

皆さん、平日にお子さんとのまとまった時間が取れないぶん、週末に“できるだけ”家族時間を増やそうとしている様子が伺えました。平日は仕事、週末は家族との時間、そんな日々で体力的に疲れるようになったという意見もありました。

40代に入って体力低下を感じた!

——若いころと比べると体力の低下を感じますか?

神野:やはり40代になってから衰えを感じますね。夜は早い時間に眠くなるし、お酒は次の日に残るし……。無理がきかなくなってきたと思います。

竹尾:20代では仕事でしんどいとあまり思わなかったけれど、最近は長時間立ちっぱなしだったりすると、腰が痛くなったりするようになりました。

三橋:子どもが遊び盛りで元気なので、一緒にいるのは楽しい瞬間ですが、体力が追いついていかないときもありますね。

若いころに比べ、体力の低下を感じているようでした。3人のお子さんはまだまだ育ち盛りな一方で、父親たちは少しずつ体力の衰えを感じる、“踏ん張りどき”といった印象を受けます。

皆さんに何か対策はしているのかを伺うと、少しの運動を心がけたり、食事に気を使ったりすることはあるようですが、一様に「そんなに対策はしていないですね……」といった回答でした。仕事と家庭との両立があるから、しっかりと対策をする時間がないということもあるのかもしれません。

ニューノーマル時代のサポートサプリ

画像:新日本製薬 株式会社
【関連記事】頼られる人こそ「頼りたい」オススメのサプリとは!?

 

そんな忙しい“働き世代の父親”たちにおすすめしたいサプリメントが『BODY AURA』。自己防衛力(※1)をサポートするサプリメントで、子どもや妻などの大切な家族を守らなければならない人たちにぴったりの商品です。

特徴は、多くの研究者が注目している『L.ラムノサス菌』と『FWGE(発酵小麦胚芽エキス)』を配合していること。「自分で自分を守る力=自己防衛力(※1)」が期待されています。

『L.ラムノサス菌』は、世界で最も広く研究されている乳酸菌のひとつで、多くの論文でその優れた内容がレポートされています。胃酸に強く、生きて腸までしっかり届きます。一般的な乳酸菌は摂ってもそのまま排出されてしまう中、なんと1週間も腸にとどまる乳酸菌です。新日本製薬株式会社の“秘蔵っ子”ともいえる新商品で、日本では現在新日本製薬株式会社からしか購入できません。

大切な人を守るためには、このサプリメントで、まず自分を守ることから始めてみませんか。毎日摂るだけでお手軽だから、仕事と家庭との両立を頑張る父親たちでもすぐに取り入れられるはず。この機会にチェックしてみてください。

BODY AURA(ボディオーラ) ブランドサイト

※1 食事、運動によって維持できる力のこと

【参考・画像】
※Mills/pearlinheart/PIXTA(ピクスタ)

Sponsored by 新日本製薬 株式会社