“パツパツ”のスーツから卒業!「下っ腹」を集中的に鍛える腹筋3選

「スーツを格好良く着こなしたい」と思っているビジネスパーソンは、多いのではないでしょうか。ただ、いくら質のいいスーツを着ていても、下っ腹が出ているとやや不格好に見えることもあるでしょう。

そこで今回は、パーソナルトレーナーである筆者が、“下っ腹”に効率よくアプローチする腹筋トレーニングをご紹介しましょう。すっと引き締まったお腹周りになれば、スーツも格好良く着こなせるはずですよ!

腹筋下部に強めの負荷を与える“レッグレイズ”

画像:READY

最初に紹介するトレーニングは“レッグレイズ”です。腹筋の下部をダイレクトに刺激します。

やり方はとても簡単です。床に仰向けになり、両手で床を抑え、足をそのまま垂直に上げるだけです。戻すときは床につくギリギリまで戻しましょう。

簡単なトレーニングですが、負荷がしっかりかかるので、おすすめのトレーニングです。足を真っ直ぐにしづらい人は、膝を曲げて行うと楽にできますよ。10回程度を目安にやってみましょう。

つねに腹筋下部を意識できる“ニートゥチェスト”

画像:READY

次のトレーニングは“ニートゥチェスト”です。その名の通り膝を胸に近づけるトレーニングになります。

まずは仰向けの状態から、上半身を起こし両手で支えます。伸ばした状態の足を高く上げてから、膝を胸に近づけるように曲げていきます。可能なところまで近づけたらまた足を伸ばすという動作を繰り返していきます。これも10回程度ゆっくりと行ってください。

左右の足を引き寄せる“マウンテンクライマー”

画像:READY

最後のトレーニングは“マウンテンクライマー”です。このトレーニングは腕立て伏せの状態から、片足を頭の方へ上げます。膝を曲げきったところで切り返し、元の体勢に戻ります。次は反対側の足で同じ動作をし、左右交互に繰り返していくトレーニングです。

下腹部だけでなく腹筋の横の腹斜筋の部分も鍛えたいという人は、膝を曲げきった際に内側に膝を入れ込んでみましょう。このときには、カラダは下を向いた状態を維持し、膝を入れ込んだ方向にカラダが流れないように耐えましょう。

【関連記事】年末年始で“ぽっこりお腹”になってない? おうち時間でできる簡単腹筋トレーニング

 

いかがでしたか? 今回は下腹部にアプローチする腹筋トレーニングを3種類ご紹介いたしました。ぽっこりお腹から引き締まったお腹に生まれ変わって、スマートにスーツを着こなせるように頑張りましょう。

【画像・参照】
※【IWJ】Image Works Japan /PIXTA(ピクスタ)

【おすすめ記事】
【PR】“働き盛り”パパの悩みを大公開!家族を守りたい「父親」にオススメのサプリとは?
【仕事】YouTuber・ドクターハッシーの仕事術公開!4つの仕事をこなすための「マルチタスク術」
【ダイエット】「ぽっちゃりお腹」どうする?トレーナー直伝の“腹筋”で効率よく引き締めよう
【食事術】腸活フードで健康的に!管理栄養士おすすめの「腸を整える」食事とは?
【財テク】“節税”したい人必見!知らなきゃ損する「確定申告」の2つのコツ
【ビジネス】部下の「やる気」が出る条件とは?上司が覚えておきたい大切なポイント