“1日3分”だけでいい!? 忙しい人向けの時短&簡単「腹筋トレーニング」

健康のためにジムに行ったり、ランニングをしたりしてみたいとは思っていても、なかなか時間を作ることができないという人は多いですよね。今回はそんな忙しいビジネスパーソンのために、3分でできる腹筋トレーニングをご紹介します。

3種目のトレーニングを紹介するので、1種目につき20秒行ってみましょう。3種目を3セットずつ行えばちょうど3分になります。ただ、時間が短いので、少しハードな腹筋トレーニングとなっています。3分間に全力をつぎ込みましょう。

簡単だけでハードな“V字クランチ”

画像:READY

最初のトレーニングは“V字クランチ”です。文字通りカラダでアルファベットの“V”を作るトレーニングです。やり方は簡単ですが、ハードなトレーニングになっています。

仰向けの状態から、腰を支点にして頭と足を上げて“V”を作ります。できれば足を真っ直ぐの状態を維持して、綺麗な“V”を目指しましょう。“V”を作ったらまた仰向けの体勢に戻って、この動きを繰り返してください。

足の曲げ伸ばしを繰り返す“リバースクランチ”

リバースクランチ
画像:READY

次のトレーニングは“リバースクランチ”です。仰向けの状態から両足をくっつけて、お腹の前まで上げます。このとき、膝は軽く曲げた状態にしておきましょう。両手は床を掴むようにして横に置き、カラダを支えます。

両手でカラダを支えながら、曲げた状態の足を天井に向かって伸ばしていき、腰を浮かします。少し腰を浮かすだけでも、腹筋に強い負荷がかかるでしょう。足の曲げ伸ばしを繰り返します。

足を浮かして行う“バイシクルクランチ”

バイシクルクランチ
画像:READY

ここまで連続で行うとすでに腹筋がかなり疲れていると思います。3種目は“バイシクルクランチ”です。“ツイストクランチ”と似ているのですが、このトレーニングはつねに足を浮かした状態で行います。

仰向けから膝を曲げて足を浮かします。両手は頭の後ろか横の位置に肘を曲げて置いておきます。自転車を漕ぐように片足を曲げ、もう片足を伸ばします。曲げた方の足の膝に向けて、対角の肘を近づけます。そのまま足を地面につけないで反対側も繰り返します。

【関連記事】筋トレの「3種の神器」!? 初心者が選ぶべき“コスパ抜群”の筋トレ器具

 

これら3種目を3セットずつ続けて行うことで、腹筋がかなり刺激されているのを感じるでしょう。とてもハードなトレーニングですが、3分だけで終わるので全力を出し切ってください。

【画像・参照】
※つむぎ/PIXTA(ピクスタ)

【おすすめ記事】
【PR】“働き盛り”パパの悩みを大公開!家族を守りたい「父親」にオススメのサプリとは?
【仕事】YouTuber・ドクターハッシーの仕事術公開!4つの仕事をこなすための「マルチタスク術」
【ダイエット】「ぽっちゃりお腹」どうする?トレーナー直伝の“腹筋”で効率よく引き締めよう
【食事術】腸活フードで健康的に!管理栄養士おすすめの「腸を整える」食事とは?
【財テク】“節税”したい人必見!知らなきゃ損する「確定申告」の2つのコツ
【ビジネス】部下の「やる気」が出る条件とは?上司が覚えておきたい大切なポイント