「子どもに腕相撲は負けられない!」いつまでも“強い父親”でいるための腕トレ

おうち時間が増えると、子どもと接する機会が増えますよね。親子のコミュニケーションの1つとして、“腕相撲”をするという親子もいるのでは?

子どもが小さいうちは余裕で勝てるかもしれないですが、数年経つと「あれ、こんなに力が強かったか?」と負けそうになって驚いたという人もいるのでは? 子どもの成長は嬉しいものの、いつまでも憧れの“強いお父さん”でいたいですよね。

そこで今回は、パーソナルトレーナーである筆者が、「腕相撲で子どもにはまだ負けられない」という父親向けのトレーニングをご紹介します。

前腕の筋肉を刺激する“リストカール”

画像:READY

最初に紹介するのは“リストカール”です。このトレーニングでは前腕の筋肉にアプローチしていきます。

椅子に座り、ダンベルなどの重りを持った状態で、太ももに沿って前腕を置きます。前腕がぶれないように、手首の曲げ伸ばしを行います。伸ばす際に力を抜かず、ダンベルに振り回されないようにゆっくり行いましょう。

ダンベルは重すぎても負担がかかりすぎるので注意が必要です。腕の曲げ伸ばしを20回程度行えるくらいの重さのダンベルにしましょう。

上腕二頭筋にアプローチする“アームカール”

画像:READY

次に紹介するトレーニングは“アームカール”です。このトレーニングでは“上腕二頭筋”にアプローチしていきます。

ダンベルなどの重りを持って直立します。手のひらの方向を上に向けて、ダンベルをもち、胸の前あたりまでダンベルを引き上げます。この時に、肘の位置はカラダの真横よりやや前あたりをキープしてください。ダンベルを引き上げる時は、内側にやや巻き込むように上げるといいでしょう。

この動きを15回ほど行ってください。ダンベルの重さはあまり重くしすぎないようにしましょう。

カラダに近付ける“ハンマーカール”

画像:READY

最後に紹介するトレーニングは“ハンマーカール”です。このトレーニングでは“上腕筋”という部分にアプローチしていきます。

トレーニング方法は先ほどご紹介した“アームカール”とほぼ同じなのですが、ダンベルの持ち上げ方が少し違います。ダンベルを持ち上げる際に、手のひらの方向はカラダに向けたまま、ダンベルを持ち上げます。

この動作を15回程度行ってください。このトレーニングでもダンベルは重すぎないように注意しましょう。

【関連記事】「ぽっちゃりお腹」どうする?トレーナー直伝の“腹筋”で効率よく引き締めよう

 

いかがでしたか? 今回紹介したトレーニングで腕の筋肉を効率よく鍛えていきましょう。

【画像・参考】
※A_Team/PIXTA(ピクスタ)

【おすすめ記事】
【PR】週7時間の運動は欠かさない!50代「トライアスロンコーチ」が、健康のために続けていることとは?
【食事術】40代・50代こそ“腸内ケア”すべき!? 夫婦で取り入れたい「善玉菌を増やす習慣」
【健康法】「ぎっくり腰がきっかけで…」栄養専門医が実践する“健康法”とは
【免疫】新しい環境で体調崩してない?副交感神経を優位にする「3つのポイント」とは
【サプリ】「自分に合ったサプリって…?」フォロワー10万人超の薬剤師が教える、サプリの注意点
【メンタル】「何をやってもうまくいかない…」現役心理士が教える、“鬱”から身を守る方法