管理栄養士や仲間と一緒に?食事管理ができる「便利なアプリ」2選

健康的な生活を送るには、食事管理が重要なポイントといえるのではないでしょうか。とはいっても、自分では栄養バランスが判断できないという人も多いでしょう。

そこで今回は、簡単に食事管理ができるアプリをご紹介します。管理栄養士のアドバイスが受けられるアプリや、食事の写真をAIが分析して栄養素を割り出して記録できるアプリなので、毎日の食事管理に役立つことでしょう。

管理栄養士による食事指導が受けられる

画像:メドピア株式会社

まずご紹介するのは、株式会社Mediplatと株式会社スギ薬局が共同展開する食事記録アプリ『スギサポeats』です。アプリで食事の写真を撮るだけでスギサポマイルが貯まる食事記録アプリだそう。

また、食事の記録の他に、体重・体脂肪率・BMI・基礎代謝・血圧を入力すると、週・月・年ごとの推移がグラフで表示されるらしいです。毎日の食事と健康状態を照らし合わせながら見られるので、食事管理がしやすいですね。

今回新しくリリースした『食事指導サービス』機能では、1日の食事内容に対し、管理栄養士が食生活へのアドバイスを毎日実施くれるそう。またユーザーから直接質問もできるそうですよ。栄養バランスなど自分では分からないことを、プロに聞いてみるのもいいでしょう。

食事だけでなく運動や体重管理できるアプリ

画像:ライフログテクノロジー株式会社

続いてご紹介するのは、ライフログテクノロジー株式会社が提供する、食事・運動・体重管理アプリ『カロミル』です。毎日の食事を写真で記録すると、その写真からAIが解析して、栄養素を割り出して記録してくれるのだとか。

また、新しく追加された『チーム機能』は、色々な人たちとチームを組んでコミュニケーションを取ることで、モチベーションを保ちながら目標達成を目指せる機能とのこと。ダイエット中の仲間と一緒にやると、お互いに励まし合いながら取り組めるのではないでしょうか。

【関連記事】忙しい40代向け!筋トレが続けられない人へのモチベーションアップ法5選

いかがでしたか? 今回は便利な食事管理アプリをご紹介しました。アプリを使って楽しく、気軽に健康管理に取り組んでみてください。

【画像・参考】
スギサポマイルが貯まる食事記録アプリ「スギサポeats」、管理栄養士による「食事指導サービス」機能をリリース – PR TIMES
継続は力なり!三日坊主からの脱却を目指し、生活記録の習慣化をサポートする「チーム機能」を食事管理アプリ「カロミル」に新規追加 – PR TIMES
※pearlinheart/PIXTA(ピクスタ)

最新の情報は各店舗・施設・企業にお問い合わせください。

【おすすめ記事】
【PR】週7時間の運動は欠かさない!50代「トライアスロンコーチ」が、健康のために続けていることとは?
【食事術】40代・50代こそ“腸内ケア”すべき!? 夫婦で取り入れたい「善玉菌を増やす習慣」
【健康法】「ぎっくり腰がきっかけで…」栄養専門医が実践する“健康法”とは
【免疫】新しい環境で体調崩してない?副交感神経を優位にする「3つのポイント」とは
【サプリ】「自分に合ったサプリって…?」フォロワー10万人超の薬剤師が教える、サプリの注意点
【メンタル】「何をやってもうまくいかない…」現役心理士が教える、“鬱”から身を守る方法