1日3分で“シックスパック”に!効率良すぎなトレーナー厳選の「時短トレ」

「忙しくて運動不足が続いてしまって、お腹がたるんできた」というビジネスパーソンは多いことでしょう。とはいえ、ジムに行くのもハードルが高いですし、あまり時間をかけたくないと思っているはず。

そんな人に筆者が言いたいのは、「忙しくても腹は割れる!」です。1日3分で徹底的に腹筋をいじめ抜けば、シックスパックも夢ではありません。今からご紹介する時短トレーニングをぜひトライしてみてください。

一気に腹筋にアプローチする“ダブルクランチ”

画像:READY

“腹筋”といっても色々な部位があります。“ダブルクランチ”では腹筋の上部と下部を一気に鍛えることができるのでおすすめのトレーニングです。

まず、仰向けになり、両手を頭の後ろに置き、両膝を曲げてセットします。その状態から、腹筋を意識しながら頭を床から上げてカラダを起こします。同時に両膝を肘に近づけるように足を上げます。その状態からまた最初の姿勢に戻りましょう。この動作を1分間行いましょう。

横っ腹を鍛えるツイストレッグレイズ

画像:READY

前面の腹筋が鍛えられたら次は横です。ベルトにお肉が乗っている方は、横っ腹を鍛える“ツイストレッグレイズ”を行うのをおすすめします。

仰向けになり、両手を横に広げます。両足を伸ばしたまま上げます。両手でカラダをしっかり支えつつ、両足を左右交互に振ります。地面につくギリギリまで下ろすことを心掛けてください。こちらも1分間繰り返してください。

最後の駄目押しとして“ツイストプランク

画像:READY

最後の追い込みのトレーニングとして、腹筋の前と横の両方にアプローチできる“ツイストプランク”を行います。

まずは、うつ伏せ状態で腕と肘、つま先を地面につけてキープする“プランク”の状態になります。この状態で腹筋に力を入れたまま、お尻を左右に振り、地面につくギリギリまで下ろしていきます。力を抜かずまた“プランク”の状態に戻ります。

こちらも左右にお尻を振る動作を、1分間繰り返してみましょう。

【関連記事】「ぽっちゃりお腹」どうする?トレーナー直伝の“腹筋”で効率よく引き締めよう

 

いかがでしたか? 腹筋群に満遍なくアプローチできるトレーニングを3種類ご紹介いたしました。やってみるとかなり腹筋に刺激が来るはず。是非やってみてください!

【画像・参考】
※Tyler Olson/Shutterstock

【おすすめ記事】
【PR】週7時間の運動は欠かさない!50代「トライアスロンコーチ」が、健康のために続けていることとは?
【食事術】40代・50代こそ“腸内ケア”すべき!? 夫婦で取り入れたい「善玉菌を増やす習慣」
【健康法】「ぎっくり腰がきっかけで…」栄養専門医が実践する“健康法”とは
【免疫】新しい環境で体調崩してない?副交感神経を優位にする「3つのポイント」とは
【サプリ】「自分に合ったサプリって…?」フォロワー10万人超の薬剤師が教える、サプリの注意点
【メンタル】「何をやってもうまくいかない…」現役心理士が教える、“鬱”から身を守る方法