たった3分で“シックスパック”!? 時短でできるトレーナー厳選「腹筋トレ」3選

あたたかくなってきて、薄手の洋服が増え、洋服で体型が隠せなくなってくる季節が来ましたね。ジムに行きたいと思ってはいるものの、忙しくてその時間がないという方も多いことでしょう。

そこで、今回は時間がないビジネスパーソンのための腹筋トレーニングをご紹介していきたいと思います。この時短トレーニングで、シックスパックを目指していきましょう。

キレのある腹筋を作るための“ジャックナイフ”

画像:READY

“ジャックナイフ”は腹筋を上からも下からも刺激する高強度の腹筋トレーニングです。

まず、仰向けになり、両手両足を一直線に伸ばします。腰を視点にカラダを折りたたむように、両手両足を近づけていきます。可能なところまで折りたたんだら、最初の仰向けの状態に戻ります。

ポイントは足を伸ばしながら行うことです。お腹への刺激を感じながら、1分間繰り返しましょう。

腹筋下部へアプローチする“ペルビスレイズ”

画像:READY

“ペルビス”とは英語で“骨盤”を意味していて、“ペルビスレイズ”は骨盤を浮かせる腹筋トレーニングになります。こちらのトレーニングでは、腹筋下部へ刺激を与えることができます。

仰向けの状態から、両手を広げてカラダを支え、両足を揃えてカラダの上に持ってきます。この状態がスタートです。両手でカラダを支えながら、腰を真上に上げられる所まで浮かせていきましょう。

限界まで腰を上げたら、ゆっくり戻してください。この動作を1分間繰り返していきましょう。

腹筋上部へ刺激を与える“ニータッチクランチ”

画像:READY

ポピュラーなトレーニングである“クランチ”ですが、“ニータッチクランチ”はその派生形のトレーニングです。“ニータッチクランチ”では、腹筋上部に集中的にアプローチしていきます。

膝を90度曲げて、仰向けの状態になり、両手をカラダの前にセット。その状態から頭を床から剥がすようにカラダを上げていき、両手で膝を触るように伸ばしていきます。

ゆっくり息を吐きながら行うのがポイントです。ゆっくり息を吸いながら、最初の状態に戻ってください。こちらの動作もゆっくりでいいので、1分間繰り返していきましょう。

【関連記事】1日3分で“シックスパック”に!効率良すぎなトレーナー厳選の「時短トレ」

 

いかがでしたか? 今回は腹筋全体を鍛える“時短トレーニング”を3種類ご紹介いたしました。是非やってみてください。

【画像・参考】
※Albina Gavrilovic/Shutterstock

【おすすめ記事】
【PR】週7時間の運動は欠かさない!50代「トライアスロンコーチ」が、健康のために続けていることとは?
【食事術】40代・50代こそ“腸内ケア”すべき!? 夫婦で取り入れたい「善玉菌を増やす習慣」
【健康法】「ぎっくり腰がきっかけで…」栄養専門医が実践する“健康法”とは
【免疫】新しい環境で体調崩してない?副交感神経を優位にする「3つのポイント」とは
【サプリ】「自分に合ったサプリって…?」フォロワー10万人超の薬剤師が教える、サプリの注意点
【メンタル】「何をやってもうまくいかない…」現役心理士が教える、“鬱”から身を守る方法