子どもと存分に遊びたい…!年齢に負けず体力をキープするための習慣

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、おうちで過ごす時間が増えました。子どもと遊ぶ機会も多くなったという方もいると思います。

子どもと遊ぶなかで、「あれ? こんな疲れやすかったかな?」なんてことも少なくないのです。

そこで、今回は子どもたちと思う存分に遊ぶためにも日々のカラダづくりについて大切な習慣をご紹介しましょう。

健康維持や生産性向上には“睡眠”が重要!?

画像:株式会社TWO

株式会社TWOによる、20歳~59歳のオフィスワーカーを対象にしたインターネット調査では、生産性や健康維持の解決策として約半数以上の人が、睡眠は最も有用な手段だとあげています。続いて「食事」「運動」がランクイン。

画像:株式会社TWO

睡眠専門医の白濱龍太郎先生によれば「疲労をリセットするためだけに、睡眠をとるわけではなく、良い目覚め、よりよい日中のパフォーマンスを実現するために睡眠があります」と、睡眠の重要性について述べていました。

続いて「血行が悪くなると、深部体温調整も上手くいかなくなり、睡眠が悪くなることがあります。入浴とストレッチは対策に有効です」と、良質な睡眠のポイントを語っていました。

体力維持に必要な「習慣」

体力維持の方法として3つ目にあがっているのは運動。外出自粛や在宅勤務など、運動不足になりがちという方にオススメなのが、陣彦善先生が提唱するのが『1分免疫エクササイズ』(株式会社世界文化社)です。

画像:株式会社世界文化ホールディングス

写真のようなエクササイズを実践することで、「3方向・4つの大きな筋肉(大腿四頭筋・ハムストリングス・広背筋・脊柱起立筋)と足底筋をバランスよく鍛えることができ」るとのこと。1分で道具要らず、簡単に出来る運動をぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

画像:株式会社世界文化ホールディングス

 

以上、体力維持に必要な3要素とその具体的なアプローチについてご紹介しました。ぜひ日々の生活に取り入れてみてください。

【参考・画像】
【コロナ禍のビジネスパーソン1,200人、仕事ファーストから睡眠などココロとカラダ重視が新常識に】新しい時代を頑張るひとの睡眠を応援する「睡眠投資」プロジェクトを開始 – PR TIMES
動かない生活はこんなに怖い!筋力低下と血流リスクに備える、医師考案「1分免疫エクササイズ」とは? – PR TIMES
※x4wiz/shutterstock