加齢臭、ちゃんと対策してる?美容ライターが教える「ニオイを抑える」2つの習慣

年齢を重ねるとカラダにも様々な変化が出てきますが、加齢臭は特に気になりますよね。本人だけが気づかずに周囲に迷惑をかけてしまっているかも知れません。

そんな不安がある方は、まずはポイントをおさえたシンプルなケアを取り入れてみてはいかがでしょうか? 今回は、50代の筆者が実際に行なっている加齢臭対策をご紹介します。

丁寧にカラダを洗って薬用せっけんを使う

画像:freeangle/PIXTA(ピクスタ)

さて、筆者が行っている加齢臭対策は大きく次の2つに分かれます。

(1)ニオイを減らす、取り除く

(2)ニオイをおさえる

まず、1つ目の「ニオイを減らす、取り除く」から説明していきます。ニオイが発生しやすいポイントを重点的に洗っています。これは基本ですが、意外ときちんと洗えていない人が多いと思います。

私は、ワキ、股間、足をしっかりと洗っています。そして、デオドラントを意識した薬用せっけんを使うようにしています。

また、特に耳の裏と首周りを入念に洗っています。ここはよく汗をかく部分ですが、洗うのをおろそかにしがちなので注意するといいでしょう。

あとは、定期的に湯船につかることも重要でしょう。湯船につかってカラダをあたためて、汗をたくさんかくことを心掛けています。

デオドラント剤を使用する

画像:MRAORAOR/Shutterstock

ニオイをある程度取り除く事が出来たら、今度はニオイをおさえていきます。筆者は、朝にデオドラントシートでカラダを拭いた後にロールオンタイプのデオドラント剤を塗布しています。

寝ている間にかいた汗をしっかりと拭き取ってからデオドラント剤を塗ることで、ニオイ対策をしています。寝ている間にも結構汗をかいているので、それを拭き取ることが重要だと考えています。

この時も、耳裏や首周りは念入りに拭き取っています。

最後に、最新ニオイグッズをご紹介していきます。

汗吸収パウダーと、天然アルム石成分を配合

出典: 株式会社シービック

まず、ご紹介するのは、株式会社シービックの『男ソフトスーンW』。汗吸収パウダーと、天然アルム石成分を配合したデオドラント剤で、毛穴を引き締めて汗を抑えながら、ニオイを抑えてくれるそう。

今なら、商品の写真と使った感想やエピソードをツイッターまたはインスタグラムに投稿すると、もれなく30名様に仕事快適グッズが当たるキャンペーンを5月10日(月)17時まで実施中。この機会に試してみては。

夏季限定“ひんやりボディケア”

出典: 松山油脂株式会社

続いてご紹介するのは、松山油脂株式会社の夏季限定商品『薄荷(はっか)の釜焚きせっけんボディソープ 380mL』(825円・税込)です。薄荷由来メントール配合で、入浴後も適度なひんやり感が続きます。汗や皮脂でベタつく肌をすっきりと洗い上げて、天然由来の香りに包みこんでくれるそう。

【関連記事】紫外線ケアに年齢は関係なし!新作「メンズ日焼け止め」を美容ライターが徹底レビュー!

 

いかがでしたか?今回は加齢臭対策におすすめの商品をご紹介しました。きちんと対策してさわやかに過ごしたいものですね。ぜひ参考にしてみてください。

【画像・参考】
♪横にいられると思い出す~♪ 君のとっても気になるそのニオイのせいだよ~~♪ 女性から伝える「ストレスで強くなる男のニオイ」ケア – PR TIMES
薄荷精油の爽快な香り広がる夏季限定“ひんやりボディケア” Mマークシリーズ ボディソープ&浸透水 2021年4月14日発売 – @Press
※buritora・freeangle/PIXTA(ピクスタ)、MRAORAOR/Shutterstock

最新の情報は各店舗・施設・企業にお問い合わせください。

【おすすめ記事】
【PR】週7時間の運動は欠かさない!50代「トライアスロンコーチ」が、健康のために続けていることとは?
【食事術】40代・50代こそ“腸内ケア”すべき!? 夫婦で取り入れたい「善玉菌を増やす習慣」
【健康法】「ぎっくり腰がきっかけで…」栄養専門医が実践する“健康法”とは
【免疫】新しい環境で体調崩してない?副交感神経を優位にする「3つのポイント」とは
【サプリ】「自分に合ったサプリって…?」フォロワー10万人超の薬剤師が教える、サプリの注意点
【メンタル】「何をやってもうまくいかない…」現役心理士が教える、“鬱”から身を守る方法