New

“朝の空腹時”が大事…!? アラフォー男性が「1か月で-5㎏」を目指した方法

仕事のため、家庭のためと、いろいろなことに追われて忙しいのが40代。日々の忙しさから「運動不足気味で、気がついたら体重が急増してしまった……」という方もいると思います。

そこで、今回は40代男性でも、1か月で5kgのダイエットに挑戦するための方法を、プロトレーナーである筆者がお伝えします。

なぜ歳をとると太りやすくなる?

画像:Tom Wang/Shutterstock

まずは40代になると太りやすくなる理由について説明します。その原因の1つとして、基礎代謝量の減少が考えられます。

“基礎代謝量”とは、生命活動維持のために使われるエネルギーといわれており、加齢とともに低下していくのが一般的だといわれています。

そのため、20代と40代と比べると、40代の方が基礎代謝量は一般的に低いので、1日の総エネルギー消費量が低くなる場合があります。そのため、余ったエネルギーがカラダに溜まってしまう可能性があるのです。

1か月-5㎏に成功したダイエット法とは?

画像:voronaman/Shutterstock

それでは、なるべく短期間で結果を出すための方法をお伝えしていきましょう。

今回ご紹介するダイエット法は、筆者が36歳というアラフォーのときに、1か月で5㎏減量した方法です。短期間で結果を出すには、2つの方法に取り組む必要があるでしょう。

(1)朝食前の空腹時に有酸素運動を行うこと

まず私が実践したのは、朝食前の空腹状態に有酸素運動を行うようにしました。その理由は、空腹状態に有酸素運動を行うことで、溜まっている脂肪を燃焼させようと考えたからです。

いつもより少し早起きをして、朝食前に週5回、ウォーキングを30分間行っていました。ポイントは、軽く呼吸が弾む程度の運動強度に設定することです。

(2)食事を変える

また、運動だけでなく、食生活を変えました。具体的には、今まで食べていたラーメンを春雨ヌードルに変えたり、白米を五穀米に変えたりしました。ダイエット期間中はアルコール類も摂らないようにもしました。

また、甘い食べ物や飲み物のように、血糖値の上がりやすいといわれている炭水化物は摂りませんでした。代わりに、血糖値の上昇を抑えると一般的にいわれている食物繊維を含んだ、野菜類や大豆類、キノコ類を食べるようにしました。

さらに、食事は、いつ何を、どれくらい摂ったのかがわかるように記録しておくことも重要でしょう。記録によって自分の食事を客観的に見直すことができ、どこが良くて、どこがダメなのかが見えてくるようになるからです。

短期型ダイエットに依存するデメリットも

画像:taa22/Shutterstock

とはいえ、短期集中型のダイエットに依存するのは得策ではありません。

パーソナルトレーナーとして「できるだけ短期間で結果を出したい!」という要望を多く受けるものの、短期間のダイエットはリバウンドを起こしやすい上に、健康面に悪影響を及ぼす可能性もあるでしょう。

できる限り長期的なスパンでダイエットに取り組むのをおすすめします。

【関連記事】【トレーナー直伝】1日3分で“下っ腹”を割る!忙しい人向けの効率良すぎな「腹筋トレ」3選

 

以上、40代になると太りやすくなる理由とともに、筆者のダイエット法をご紹介しました。長期的にダイエットしていく視点も持ちながら、今回の内容を参考にしてぜひ無理なく取り組んでみてくださいね。

【画像・参考】
※R7 Photo・Tom Wang・voronaman・taa22/Shutterstock

【おすすめ記事】
【PR】週7時間の運動は欠かさない!50代「トライアスロンコーチ」が、健康のために続けていることとは?
【食事術】40代・50代こそ“腸内ケア”すべき!? 夫婦で取り入れたい「善玉菌を増やす習慣」
【健康法】「ぎっくり腰がきっかけで…」栄養専門医が実践する“健康法”とは
【免疫】新しい環境で体調崩してない?副交感神経を優位にする「3つのポイント」とは
【サプリ】「自分に合ったサプリって…?」フォロワー10万人超の薬剤師が教える、サプリの注意点
【メンタル】「何をやってもうまくいかない…」現役心理士が教える、“鬱”から身を守る方法