1日3分でお腹引き締め!“寝ながら”できる簡単「腹筋トレーニング」3選

体を鍛えるのってなかなか大変ですよね。「ジムに行くのも時間がないし、家で時間を作って鍛えるのですらなかなかハードルが高い……」なんて方も多いと思います。

そこで今回は、1日3分で“寝ながら”行える腹筋トレーニングを3つご紹介します。体勢別でご紹介するので、ぜひ自宅で挑戦してみてください。

仰向けで行える“レッグレイズ”

画像:READY

仰向けの体勢で行える腹筋トレーニングは“レッグレイズ”です。

両足を揃えてまっすぐ仰向けの体勢をとり、両手を体の横に置いて体を支えながら両足を上方向に上げていきましょう。90度くらいまで上げたら、地面ギリギリまでゆっくり下ろしていきます。

1分間ゆっくり行っていきましょう。

横を向いて“サイドプランク”

画像:READY

今度は横を向いた状態で行う腹筋トレーニングの“サイドプランク”です。

仰向けの体勢から横になりましょう。肘を支点に腰を地面から浮かせます。体が曲がると負荷が軽くなってしまうので、つま先から頭までを一直線にするイメージで体幹をしっかりと締めます。

体を支えてそのままの姿勢で1分間耐えていきましょう。

うつ伏せになったら“プランク”

画像:READY

最後は、うつ伏せの体勢で行う腹筋トレーニングの“プランク”です。

体をまっすぐうつ伏せの体勢にし、体の前面に両手を曲げて肘を支点に体を浮かせます。体が曲がると正しくアプローチできないので、腰が浮かないようにつま先から頭までを一直線にします。

そのままの状態で1分間体を支えます。

【関連記事】“朝の空腹時”が大事…!? アラフォー男性が「1か月で-5㎏」を目指した方法

 

1日3分“寝ながら”行える腹筋トレーニングを3選ご紹介いたしました。朝起きた時や寝る前に簡単に行えるので是非やってみてくださいね。

【画像】
※Syda Productions/PIXTA(ピクスタ)

【おすすめ記事】
【PR】週7時間の運動は欠かさない!50代「トライアスロンコーチ」が、健康のために続けていることとは?
【食事術】40代・50代こそ“腸内ケア”すべき!? 夫婦で取り入れたい「善玉菌を増やす習慣」
【健康法】「ぎっくり腰がきっかけで…」栄養専門医が実践する“健康法”とは
【免疫】新しい環境で体調崩してない?副交感神経を優位にする「3つのポイント」とは
【サプリ】「自分に合ったサプリって…?」フォロワー10万人超の薬剤師が教える、サプリの注意点
【メンタル】「何をやってもうまくいかない…」現役心理士が教える、“鬱”から身を守る方法