「加齢臭」にはシャワーじゃ足りない!? 医師に聞いた、ニオイの原因と対策

最近、自分のカラダのニオイが前より強くなってショック……なんて感じていませんか? 加齢に伴うニオイの悩みはたくさんの人が共通して持っていることでしょう。

そこで今回は、産業医としてビジネスパーソンが抱えるニオイ悩みにも詳しい木村好珠先生に、加齢臭の原因や抑える方法について聞いてみました!

<目次>

  1. 加齢臭の原因って?男女問わず気になるニオイの正体
    ・「ノネナール」というニオイ物質が原因
    ・タバコもニオイの原因になりうる!?
  2. 今日からやってみて!加齢臭を和らげるおすすめの対策
    ・まずは清潔な上体を保つことが大切
    ・シャワーだけでなく湯船につかるのがおすすめ
【関連記事】【PR】週7時間の運動は欠かさない!50代「トライアスロンコーチ」が、健康のために続けていることとは?

 

加齢臭の原因って?男女問わず気になるニオイの正体

画像:Andrey_Popov/Shutterstock

「ノネナール」というニオイ物質が原因

——そもそも加齢臭とは何でしょうか?

加齢臭とは“ノネナール”というニオイ物質が原因となって発生するといわれています。ニオイは頭や首の後ろ、背中など、上半身から漂いやすいことが多いようです。

——肌の乾燥も臭いにつながるものなのでしょうか?

乾燥=悪臭というよりは、肌の洗いすぎやこすりすぎを示している可能性があることに目線を向けることが重要です。

皮膚の表面には、常在菌として“表皮ブドウ球菌”がいるといわれています。表皮ブドウ球菌は皮脂などを食べ、脂肪酸を生み出していて、人の皮膚を酸性に保つ役割があります。

肌を洗いすぎてしまう表皮ブドウ球菌も必要以上に洗い流してしまい、他の菌が増殖しやすくなって菌のバランスが崩れやすくなります。それが悪臭を引き起こすことにもつながりうるので、カラダを洗うときは石鹸を泡立てて優しく洗うようにすると良いでしょう。

タバコもニオイの原因になりうる!?

——タバコなども加齢臭につながるのでしょうか?

タバコに含まれるニコチンは交感神経の働きを活発にするため、汗が多くなる可能性もあるでしょう。また、タバコに含まれた多くの有害物質が活性酸素を作り出す可能性もあり、ニオイの原因になりえるでしょう。

今日からやってみて!加齢臭を和らげるおすすめの対策

画像:Andrey_Popov/Shutterstock

まずは清潔な上体を保つことが大切

——加齢臭が気になる人はどのような対策をすればいいのでしょうか?

加齢臭の対策をするなら、まずは清潔な状態を保つことが重要でしょう。加えて、疲労が溜まりやすい生活を避け、規則正しい生活を心がけることも大切でしょう。

食品選びに関しては、抗酸化作用のあるものを摂るように意識してみてはいかがでしょうか。抗酸化作用のある物質は緑茶や野菜、ゴマなどに多く含まれています。

シャワーだけでなく湯船につかるのがおすすめ

——湯船につかるのも加齢臭対策には有効でしょうか?

個人的にはいい方法だと考えています。シャワーだけですと、湯船につかるのに比べてリラックスできないのではないでしょうか。湯船でカラダを温めてリラックスすることで、新陳代謝を促してくれるはずです。

【関連記事】加齢臭、ちゃんと対策してる?美容ライターが教える「ニオイを抑える」2つの習慣

 

今回は、加齢臭の原因やその対策方法についてご紹介しました。周囲へのエチケットとして、ニオイには気を配りたいもの。参考にしてみるといいですね。

※本サイトにおける医師および各専門家による情報提供は、診断行為や治療に代わるものではなく、正確性や有効性を保証するものでもありません。また、医学の進歩により、常に最新の情報とは限りません。個別の症状について診断・治療を求める場合は、医師より適切な診断と治療を受けてください。

<プロフィール>
木村好珠
精神科医、産業医、健康スポーツ医。精神科医として常勤し、都内企業の産業医も務めている。また、東京パラリンピック ブラインドサッカー日本代表、北海道コンサドーレ札幌アカデミーのメンタルアドバイザーとしても活躍中。

【SNS】Twitter:@konomikimura

【画像・参考】
※Seasontime・Andrey_Popov・Andrey_Popov/Shutterstock

【おすすめ記事】
【PR】週7時間の運動は欠かさない!50代「トライアスロンコーチ」が、健康のために続けていることとは?
【食事術】40代・50代こそ“腸内ケア”すべき!? 夫婦で取り入れたい「善玉菌を増やす習慣」
【健康法】「ぎっくり腰がきっかけで…」栄養専門医が実践する“健康法”とは
【免疫】新しい環境で体調崩してない?副交感神経を優位にする「3つのポイント」とは
【サプリ】「自分に合ったサプリって…?」フォロワー10万人超の薬剤師が教える、サプリの注意点
【メンタル】「何をやってもうまくいかない…」現役心理士が教える、“鬱”から身を守る方法