“ぽっこりお腹”とおさらば!「寝ながら」できる3分間腹筋トレーニング

夏も近くなってきて、Tシャツなどの薄着を着る機会が増えたこともあり、“お腹周り”を今のうちになんとかしたいと思ってはいませんか? ただ、「時間がないから効率よく腹筋を鍛えたい」なんて方も多いはず。

そこで、今回は1日3分でお腹周りを引き締めるトレーニングを3種類紹介いたします。腹筋全体にアプローチできるものを厳選したので、ぜひチェックしてみてください。

【関連記事】【PR】45歳・焚き火マイスターが、健康のために取り入れたい新習慣とは?

 

腹筋をねじる「クロスクランチ」

画像:READY

最初に紹介するトレーニングは“クロスクランチ”です。

両脚を伸ばして仰向けになります。両手を頭に添えてお腹を見るように首を丸めましょう。

そして、息を吐きながら対角の肘と膝を近づけるようにカラダを折り曲げていきます。また、最初の頭を添えた姿勢に戻り、反対側も行います。腹筋全体を意識しながら繰り返していくのがポイントです。

この動作を1分間続けていきましょう。

腹筋全体にアプローチする「ジャックナイフ」

画像:READY

次に紹介するトレーニングは“ジャックナイフ”です。

まずは仰向けに寝てから、両手両足を一直線に伸ばします。お腹を支点にして、V字にカラダを折るようにして、上半身と下半身を持ち上げます。つま先に手で触れるくらいまでカラダを持ち上げてから、ゆっくりとカラダを下ろしていきます。

両足を伸ばすと負荷が強まりますが、初心者の方は膝を曲げても大丈夫。この動きを1分間続けていきましょう。

負荷が強めの「レッグアップリフト」

画像:READY

最後に紹介するトレーニングは“レッグアップリフト”です。

まずは両手をカラダの横において、仰向けになります。両手でカラダを支えながら、両足をカラダの上に持ち上げていきます。

両足を持ち上げたら、両手でしっかりと地面を掴み、お尻を空中に突き出すように腰を地面から浮かします。負荷が強い種目なので膝を曲げても大丈夫です。

足を上げたまま腰を突き出す動作を1分間繰り返していきましょう。

【関連記事】1日3分で最速で“シックスパック”に!効率良すぎなトレーナー直伝「腹筋6選」

 

いかがでしたか? 3分で腹筋全体が鍛えられるトレーニングを紹介いたしました。負荷が強めのトレーニングなので、腹筋を効率良く鍛えることができるでしょう。

【画像・参考】
※Billion Photos/Shutterstock

【おすすめ記事】
【PR】週7時間の運動は欠かさない!50代「トライアスロンコーチ」が、健康のために続けていることとは?
【食事術】40代・50代こそ“腸内ケア”すべき!? 夫婦で取り入れたい「善玉菌を増やす習慣」
【健康法】「ぎっくり腰がきっかけで…」栄養専門医が実践する“健康法”とは
【免疫】新しい環境で体調崩してない?副交感神経を優位にする「3つのポイント」とは
【サプリ】「自分に合ったサプリって…?」フォロワー10万人超の薬剤師が教える、サプリの注意点
【メンタル】「何をやってもうまくいかない…」現役心理士が教える、“鬱”から身を守る方法