ぽっこりお腹には“腹筋”だけではNG…!? シックスパックが叶う1日3分「腹斜筋トレ」

自宅にいる時間が増えて運動不足になったせいか、ベルトの上に乗っかる脇腹のお肉が気になっていませんか? そこの部位は、ノーマルな腹筋で“腹直筋”を鍛えるだけではなく、脇腹の“腹斜筋”も鍛えることで効率良く引き締めることができるでしょう。

そこで、今回は1日3分で脇腹を引き締めるトレーニングを3種類紹介いたします。ベルトに乗りがちな脇腹のお肉を撃退していきましょう。

【関連記事】【PR】45歳・焚き火マイスターが、健康のために取り入れたい新習慣とは?

ねじって足を上げる「マウンテンクライマーツイスト」

画像:READY

まずは、うつ伏せで両手を支点にカラダを支える“腕立て伏せ”の姿勢になります。

片方の膝をお腹側に突き出し、反対方向へカラダをねじっていきます。腹筋がねじれていることが意識できるかと思います。

また最初の腕立て伏せの姿勢に戻り、反対側の足でも同じように行います。こちらの動作をテンポよく1分間繰り返しましょう。

腹斜筋にアプローチする「ツイストクランチ」

画像:READY

次に紹介する種目は“ツイストクランチ”です。腹斜筋を鍛える代表的なトレーニングです。

地面に仰向けに寝転がり、膝を揃えて90度に曲げます。両手を頭に添え、息を吐きながら片側の肘を反対側の膝に近づけるように上半身を曲げていきます。

これ以上曲がらないというところまで曲げたら、最初の姿勢に戻ります。この動きを左右交互に行い、1分間繰り返しましょう。

脇腹を引き締める「サイドプランク」

画像:READY

最後に紹介する種目は“サイドプランク”です。体幹トレーニングとして代表的な“プランク”の側面バージョンですね。

まずは横向きに寝転がります。地面側の肘で支え、肘と足の先を支点にカラダを持ち上げます。地面側のお腹の横に力を入れ、カラダを一直線にキープしていきます。

上記の状態で1分間キープしてください。

【関連記事】1日3分で最速で“シックスパック”に!効率良すぎなトレーナー直伝「腹筋6選」

 

いかがでしたか? 今回は3分間で脇腹に効くトレーニングを3選紹介していきました。前だけでなく横腹もしっかり鍛えていきましょう。

【画像・参考】
※Shymanska Yunnona/Shutterstock

【おすすめ記事】
【PR】週7時間の運動は欠かさない!50代「トライアスロンコーチ」が、健康のために続けていることとは?
【食事術】40代・50代こそ“腸内ケア”すべき!? 夫婦で取り入れたい「善玉菌を増やす習慣」
【健康法】「ぎっくり腰がきっかけで…」栄養専門医が実践する“健康法”とは
【免疫】新しい環境で体調崩してない?副交感神経を優位にする「3つのポイント」とは
【サプリ】「自分に合ったサプリって…?」フォロワー10万人超の薬剤師が教える、サプリの注意点
【メンタル】「何をやってもうまくいかない…」現役心理士が教える、“鬱”から身を守る方法