【トレーナー直伝】ぽっこりお腹を撲滅させる「1日3分」の高強度“腹筋トレ”

最近、運動不足が続いてしまってお腹周りが気になっている人も多いはず。夏が迫ってきていて、「とにかく腹筋を割りたい!」と考えてはいるものの、まだ何もできない人もいるかもしれません。

そこで今回は、1日3分だけでシックスパックにつながる時短トレを紹介します。ボディコンテストにも出場している筆者も行っている、高強度の腹筋トレーニングなので、効率良く鍛えたい人におすすめです。

【関連記事】【PR】45歳・焚き火マイスターが、健康のために取り入れたい新習慣とは?

 

腹筋トレの王様「ドラゴンフラッグ 」

画像:READY

高強度の腹筋トレーニングといえば“ドラゴンフラッグ”は外せません。

まず、ベンチや柱など固定された物の近くで仰向けになり、頭上部分で固定されたものをしっかりとつかみます。

カラダがブレないようにしっかりとつかみ、首の後ろの部分を支点に、地面から足の先を一気に頭上に持ち上げます。

カラダを真っ直ぐの状態のままキープし、ゆっくりと地面スレスレまで下ろしていきます。地面に着きそうになったら、切り返して、また頭上までカラダを上げていきます。

この動きを1分間繰り返してください。

ぶら下がって足を上げ下げする「ハンギングレッグレイズ」

画像:READY

次に紹介するトレーニングは“ハンギングレッグレイズ”です。

鉄棒などにぶら下がり、カラダの前方に両足を揃えながら持ち上げます。上げられるところまで上げて、ぶら下がった状態に戻っていきます。ぶら下がって足を上げるだけのトレーニングですが、意外に難しく、腹筋にもしっかり負荷がかかります。

反動を使わず、カラダが前後に揺れないようにコントロールしながら、1分間繰り返していきましょう。

限界まで追い込む「腹筋ローラー」

画像:READY

3つ目のトレーニングは、“腹筋ローラー”という器具を使ったトレーニングです。

腹筋ローラーを両手で持ち、地面に膝立ちになります。前方に腹筋ローラーを転がしていき、カラダを地面すれすれまで近づけたら、また元の膝立ちの姿勢に戻していきます。

背中を丸めるようにお腹を見て、腰を曲げないように行ってください。トレーニングの姿勢が悪いと、負荷が抜けてしまうので気をつけましょう。

【関連記事】1日3分で最速で“シックスパック”に!効率良すぎなトレーナー直伝「腹筋6選」

 

いかがでしたか? 今回はかなりの高強度トレーニング3選をご紹介いたしました。カラダを壊さないように、自分のレベルに合わせて行ってみてくださいね。

【画像・参考】
※Prostock-studio/Shutterstock

【おすすめ記事】
【PR】週7時間の運動は欠かさない!50代「トライアスロンコーチ」が、健康のために続けていることとは?
【食事術】40代・50代こそ“腸内ケア”すべき!? 夫婦で取り入れたい「善玉菌を増やす習慣」
【健康法】「ぎっくり腰がきっかけで…」栄養専門医が実践する“健康法”とは
【免疫】新しい環境で体調崩してない?副交感神経を優位にする「3つのポイント」とは
【サプリ】「自分に合ったサプリって…?」フォロワー10万人超の薬剤師が教える、サプリの注意点
【メンタル】「何をやってもうまくいかない…」現役心理士が教える、“鬱”から身を守る方法