ぽっこりお腹を撲滅!「1日3分」の“寝ながら”腹筋トレーニングまとめ6選

カッコいい腹筋を手に入れるためにトレーニングを始めても、「疲れて動けない」「めんどくさい」などと言い訳をして避けてはいませんか? そんな方におすすめしたいのが寝ながらできる“腹筋トレーニング”です。

ごろごろするついでに取り組めるので、ハードルもそこまで高くないはず。今回は6つのメニューをまとめてピックアップしたので、1種目につき30秒ずつ、合計3分だけ頑張ってみましょう!

【関連記事】【PR】45歳・焚き火マイスターが、健康のために取り入れたい新習慣とは?

脚を上げるだけの「レッグレイズ」

画像:READY

寝ながらできる腹筋トレーニングの1つ目は“レッグレイズ”です。

仰向けになり、両手を床につけてカラダを支えつつ両脚を伸ばしながら上げていきます。90度ほどに引き上げたら、今度は地面スレスレまでゆっくり下ろしていきましょう。まずは30秒繰り返し行ってみてください。

コツは腰を浮かせること!「ニーレイズ」

画像:READY

続いては膝と胸を近づける“ニーレイズ”です。

仰向けに寝転がり、両手は床につけましょう。両脚を揃えたまま膝を頭に向かって引き上げます。上げきった後に腰を上に少し浮かせることで、腹筋により強い負荷を加えることができますよ。

上げきったら床スレスレまで脚をゆっくり戻す動作を、30秒間続けて行ってください。

限界まで引き上げ&3秒ストップで腹筋を収縮

画像:READY

次は、脚と一緒に上体も起こして腹筋を鍛える“トゥータッチリフト”です。

仰向けになって脚をできるだけ伸ばした状態で持ち上げます。同時につま先に向かって限界まで両手を近づけたら、そのまま3秒間止まってください。

3秒経ったら、また仰向けの状態になります。こちらも30秒間頑張りましょう!

簡単だけど手抜きはNG!「シザーキック」

画像:READY

少しハードなメニューが続いたあとは、簡単な“シザーキック”に取り組みましょう。

仰向けに寝て両手はカラダの横に置きます。両脚を地面から浮かせ、膝を軽く曲げながら片脚ずつ上下に動かしていきましょう。他のメニュー同様30秒行います。

一直線の姿勢を意識したい「サイドプランク」

画像:READY

仰向けトレーニングの次は横を向いて腹筋をトレーニング!

“サイドプランク”はまず、横向きになって床に前腕をつけます。腰を浮かせて頭からつま先まで一直線になっていることを意識しながら、その姿勢を30秒間キープしましょう。

仕上げは定番の「プランク」

画像:READY

最後は30秒間の“プランク”で締めくくりましょう。

うつ伏せの姿勢から両方の前腕を床につけて腰を浮かせ、カラダがきちんと一直線になっていることに注意しながら取り組んでくださいね。

【関連記事】1日3分で最速で“シックスパック”に!効率良すぎなトレーナー直伝「腹筋6選」

 

いかがでしたか? 寝ながら行うものの腹筋を十分刺激できるでしょう。ぜひ今日から実践してみてください。

【画像・参考】
※fizkes/Shutterstock

【おすすめ記事】
【PR】週7時間の運動は欠かさない!50代「トライアスロンコーチ」が、健康のために続けていることとは?
【食事術】40代・50代こそ“腸内ケア”すべき!? 夫婦で取り入れたい「善玉菌を増やす習慣」
【健康法】「ぎっくり腰がきっかけで…」栄養専門医が実践する“健康法”とは
【免疫】新しい環境で体調崩してない?副交感神経を優位にする「3つのポイント」とは
【サプリ】「自分に合ったサプリって…?」フォロワー10万人超の薬剤師が教える、サプリの注意点
【メンタル】「何をやってもうまくいかない…」現役心理士が教える、“鬱”から身を守る方法