朝食に“味噌汁とプロテイン”が良いって本当!? 医師が教える朝の健康習慣3つ

バタバタしがちな朝は何かとおろそかにしがち。なかには、朝食を食べずそのまま仕事に向かうという人もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、忙しい朝でも取り入れられる、栄養バランスを整えるためのモーニングルーティンを、日本機能性医学研究所所長・斎藤糧三先生に話を伺いました。

【関連記事】【PR】45歳・焚き火マイスターが、健康のために取り入れたい新習慣とは?

 

タンパク質摂取がやっぱり重要!? 実践したい朝のルーティン

画像:Syda Productions/Shutterstock

——栄養バランスを整えるために行っている朝のルーティンはありますか?

私が行っているルーティンは次の3つです。

(1)朝食を摂る

体内時計をリセットさせるために朝食を摂るようにしています。私の場合、朝食にはプロテインを飲んでいて、冬はプロテインに加えてお味噌汁を飲むようにしています。

プロテインは水に溶かすだけで簡単に飲めますし、日本の食事で不足しがちなタンパク質を手軽に摂ることができます。

また、お味噌汁は寝起きのカラダを温めるために飲んでいますね。また、発酵食品である味噌には乳酸菌が含まれていますし、腸内環境を整えるという目的もあります。お味噌汁を作る時間がないという方は、乳酸菌サプリメントで補ってもいいですね。

(2)タンパク質を摂る

朝にしっかりとタンパク質を摂ることが特に重要だと私は考えます。

40歳の男性の場合、厚生労働省の『日本人の食事摂取基準』(2020年版)によると、タンパク質の推奨量は1日65gだと説明されています。

1回の食事に約20g摂取して、3回にわけて摂取するのがおすすめです。朝食を摂らないと、昼食と夕食で約30gずつ摂取する必要があるので大変です。

きちんと朝食から、プロテインなどでタンパク質を摂ってみるといいでしょう。

(3)MCTオイルを摂る

私は、最近ダイエッターや健康意識の高い人に注目されているMCTオイルの入ったコーヒーを毎日飲むようにしています。

朝は糖質を極力摂らずに、プロテインやMCTオイルを飲むだけで過ごすことが多いですね。

おすすめのサプリメント&ドリンク3選

以上を踏まえて、忙しい朝でもバランスのいい栄養摂取が目指せるおすすめのサプリ&ドリンクを3つご紹介します。これからのモーニングルーティンにぜひ取り入れてみてください。

(1)プロエックス

画像:DNS

DNSの『プロエックス』(388円・税込)は、1本でホエイプロテインが約30gも摂取できるプロテインドリンクです。ダイエット中の方はもちろん、トレーニングに励んでいる人におすすめのドリンクといえるでしょう。

(2)スーパーグリーンズ カプセル

画像:サンフード

サンフードの『スーパーグリーンズ カプセル』(4,320円・税込)はいかがでしょうか。乳酸菌だけでなく、原材料にクロレラやゴボウ、ケールエキスなどを使っていて、19種類の栄養素やミネラルが凝縮されたサプリメントです。

スピルリナ、クロレラ、小麦葉などの19種類の栄養素とミネラルを配合。酵素や乳酸菌も含まれており不足しがちな栄養素をバランスよく摂取できるでしょう。飲みやすいカプセルタイプなのが嬉しいですね。

(3)BODY AURA

画像:新日本製薬

新日本製薬の『BODY AURA』(6,480円・税込)には、乳酸菌『L.ラムノサス菌』と発酵小麦由来の『FWGE』が配合されています。1カプセルあたりの乳酸菌の配合量は400億個(製造時)で、生きたまま腸に届いて1週間もとどまるのだそう。1日1粒で日々の体調維持のために取り入れてみてもいいかもしれませんね。

【参考】『BODY AURA』の成分について 【関連記事】夜にお腹が空いても“我慢”はNG!? 薬剤師が健康のために「避けている習慣」とは?

 

いかがでしたか? 忙しいときこそ、きちんと健康管理をしていい体調をキープしたいもの。ぜひ今回紹介したルーティンを参考にしてみてください。

※本サイトにおける医師および各専門家による情報提供は、診断行為や治療に代わるものではなく、正確性や有効性を保証するものでもありません。また、医学の進歩により、常に最新の情報とは限りません。個別の症状について診断・治療を求める場合は、医師より適切な診断と治療を受けてください。
※価格は記事作成時のものです。

<プロフィール>
斎藤糧三
1973年生まれ。1998年、日本医科大学卒業。その後、美容皮膚科治療、栄養療法、点滴療法、ホルモン療法を統合したトータルアンチエイジング理論を確立。2008年、機能性医学の普及と研究を推進するため『日本機能性医学研究所』を設立。2013年、「食で日本を健康にします」をモットーに、「一般社団法人日本ファンクショナルダイエット協会」を設立。2017年、スーパーフードとしての牧草牛の普及を目指し、日本初の牧草牛専門精肉店「Saito Farm 麻布十番」をオープン。2018年、ソフトウエア医療機器の開発企業として株式会社「ライフクエスト」を設立。

【画像・参考】
※DNS・サンフード・新日本製薬
※kazoka・Syda Productions/Shutterstock

【おすすめ記事】
【PR】週7時間の運動は欠かさない!50代「トライアスロンコーチ」が、健康のために続けていることとは?
【食事術】40代・50代こそ“腸内ケア”すべき!? 夫婦で取り入れたい「善玉菌を増やす習慣」
【健康法】「ぎっくり腰がきっかけで…」栄養専門医が実践する“健康法”とは
【免疫】新しい環境で体調崩してない?副交感神経を優位にする「3つのポイント」とは
【サプリ】「自分に合ったサプリって…?」フォロワー10万人超の薬剤師が教える、サプリの注意点
【メンタル】「何をやってもうまくいかない…」現役心理士が教える、“鬱”から身を守る方法