お腹を“3分へこませるだけ”!ぽっこりお腹とおさらばする「腹筋3選」

多くの人が悩んでいるのが“ぽっこりお腹”ですよね。「お腹だけがなかなか凹まない……」とお悩みの方のために、今回はぽっこりお腹にアプローチするエクササイズをご紹介します。

1回3分程度で終了しますし、お腹をへこませるだけなので、ぜひトライしてみてくださいね! それではご紹介していきましょう!

【関連記事】【PR】38歳・ゴルフのティーチングプロが「40代を迎えることに不安がない」理由とは?

 

お腹を引き締める「プランク」

画像:READY

(1)肘を床につけた「腕立て」の体勢を作ります。

(2)そこからお腹を凹ませて、頭から足までを結ぶラインが一直線となるようにします(写真赤線参照)。

一直線のラインを30秒~1分間キープします。お腹が落ち込まないように、腹横筋で下から支えるようなイメージでお腹を凹ませることがポイントです(写真上)。

カラダ全体が、一枚の板になったようなイメージで行ってみてもよいでしょう。

デスクワークの合間でもできる「ドローイン」

画像:READY

(1)イスに浅く腰掛けて、両足と両膝を閉じて肩甲骨を内側に寄せて胸を張ります(写真)。

(2)そこからお腹を凹ませた状態(写真)を30秒~1分間キープするだけです!

おへそ辺りを凹ませるようにすることで腹横筋にアプローチすることができ、お腹瘦せにつなげられるでしょう。

「お腹をうまく凹ませることができない……」という場合は、お腹周りを細く見せるイメージで行ってみましょう。ベルトの穴を1~2つ縮めて締めるイメージでお腹を凹ませるとよいでしょう。

いつでもどこでもできる「スタンディング・ドローイン」

画像:READY

(1)立位の体勢から、左右のかかとをつけてつま先をできるだけ大きく外側に開きます(写真左)。

(2)ドローインと同様、内ももを閉じて肩甲骨を内側に寄せて胸を張り、お腹を凹ませた状態(写真右)を30秒~1分間キープします。

お腹を凹ませるコツは、肩甲骨を内側に寄せて胸を張るようにすることです。そうするとお腹を凹ませやすくなります。エクササイズ中は呼吸が止まらないように注意しましょう。

【関連記事】腹筋でカラダを起こすのはNG…!? 意外と知らない「正しいやり方」をトレーナーが伝授

 

いかがでしたか? ぽっこりお腹とおさらばするには、今回紹介した3つのエクササイズを続けることが大切です。ぜひ、引き締まったお腹を手に入れてください!

【画像・参考】
※Andrey_Popov/Shutterstock

【おすすめ記事】
【PR】週7時間の運動は欠かさない!50代「トライアスロンコーチ」が、健康のために続けていることとは?
【食事術】40代・50代こそ“腸内ケア”すべき!? 夫婦で取り入れたい「善玉菌を増やす習慣」
【健康法】「ぎっくり腰がきっかけで…」栄養専門医が実践する“健康法”とは
【免疫】新しい環境で体調崩してない?副交感神経を優位にする「3つのポイント」とは
【サプリ】「自分に合ったサプリって…?」フォロワー10万人超の薬剤師が教える、サプリの注意点
【メンタル】「何をやってもうまくいかない…」現役心理士が教える、“鬱”から身を守る方法