“運動なしでラクに痩せる”ための3つの方法とは?トレーナーいわく「食物繊維を…」

「ダイエットしたいけれど、できれば運動をせずに痩せたい」と思っている人は多いことでしょう。確かに運動が苦手であれば、運動をせずに痩せたいですよね。

そこで、今回はトレーナーである筆者が運動なしで、ダイエットにつなげる方法を紹介していきます。

【関連記事】【PR】人気ヨガ講師が続けている“健康習慣”とは?「サプリメントって…」

 

急激な食事制限をせず長期的に考える

画像:Yuriy Maksymiv /Shutterstock

トレーナーである筆者の考えでは、「運動をせずに痩せよう」とすると、その分、食事面で多くの制限を強いている人が多いと思います。

ただ、強い制限をしてしまうと、反動が起こりやすくなります。そのため、リバウンドしやすくなってしまうでしょう。

いきなり急な食事制限をするのではなく、長期的に食べるものを変えていくようにしましょう。

「カラダを温めるモノ」を摂るようにする

画像:freeangle/PIXTA

筆者はできるだけ、カラダを温めるモノを摂るようにしています。体温が上昇する目的だけでなく、基礎代謝アップにつなげることができると考えています。

たとえば、スープや煮物など温かい料理を食べることを心がけています。

よく噛んで食べるようにすること

画像:nonpii /PIXTA

食事をする際は、よく噛んで食べるように心がけてみましょう。そうすることで満腹感を感じやすくなり、食べ過ぎを防ぐことができるでしょう。

よく噛んで食べるコツは、噛み応えのある食べ物を選ぶようにすることです。では「噛み応えのある食べ物」とは具体的にどのような食べ物でしょうか?

筆者のおすすめは、根菜などの食物繊維を含む食品です。ぜひ試してみてくださいね。

【関連記事】“就寝前のほぐし”が重要!トレーナー直伝「快眠ストレッチ」4選

 

いかがでしたか? 限られた時間の中でもダイエットは取り組むことができます。ぜひ上記のことを実践してみてください!

【画像・参考】
※【IWJ】Image Works Japan・Yuriy Maksymiv ・freeangle・nonpii/PIXTA(ピクスタ)

【おすすめ記事】
【PR】週7時間の運動は欠かさない!50代「トライアスロンコーチ」が、健康のために続けていることとは?
【食事術】40代・50代こそ“腸内ケア”すべき!? 夫婦で取り入れたい「善玉菌を増やす習慣」
【健康法】「ぎっくり腰がきっかけで…」栄養専門医が実践する“健康法”とは
【免疫】新しい環境で体調崩してない?副交感神経を優位にする「3つのポイント」とは
【サプリ】「自分に合ったサプリって…?」フォロワー10万人超の薬剤師が教える、サプリの注意点
【メンタル】「何をやってもうまくいかない…」現役心理士が教える、“鬱”から身を守る方法