痩せたくて“キツイ運動”をしがちだけど…!? トレーナーが教える「NGダイエット」3選

昨今、様々なダイエット法がネットやテレビなどで紹介されていますが、「一体どれが正解なの?」と思っている方も多いのではないでしょうか? 中には、トレーナーである筆者から見ると、「間違いかもしれない」と思うようなダイエット法もあります。

そこで今回は、筆者が考える“NGなダイエット法”を3つ取り上げますので、チェックしてみてくださいね。

【関連記事】【PR】人気ヨガ講師が続けている“健康習慣”とは?「サプリメントって…」

 

極端な糖質制限ダイエット

画像:Liza888/Shutterstock

極端な糖質制限は、筆者はおすすめできません。“糖質”というのはカラダを動かすエネルギー源になると一般的にいわれています。

そのエネルギー源が入ってこなくなると、カラダは筋肉を分解してまで、エネルギーを作り出そうとしてしまう可能性があります。その結果、基礎代謝の低下へとつながることもあるでしょう。

基礎代謝量が低下してしまうのは、ダイエットにはデメリットといえるでしょう。

食事を抜くダイエット

画像:Makistock/Shutterstock

「1日1食しか食べない」というような食事抜きダイエット法もおすすめできません。なぜなら、食事の回数を減らしてしまうと、血糖値の急上昇を招いてしまう可能性があるでしょう。

急激な血糖値の上昇は、カラダに負担をかけてしまう可能性が考えられるので、避けた方がいいでしょう。

激しいトレーニング

画像:TimeImage Production/Shutterstock

「瘦せるには、激しいトレーニングをしなければならない」なんて思っていませんか。

例えば「体脂肪を減らしたい!」という強い気持ちから、有酸素運動を呼吸が激しく乱れるほどの強度で行っていませんか? 呼吸が激しく乱れるほどの強度で行ってしまうと、有酸素運動ではなく無酸素運動となってしまいがち。

脂肪を燃焼させるには大量の酸素が必要と一般的に言われているので、体内に十分な酸素が行き届くように、息が軽く弾む程度の強度で有酸素運動を行うことをおすすめします。

それに“ダイエット”という成果につなげるには、何よりも続けることが大事ですが、激しいトレーニングになってしまうと長続きできなくなってしまうでしょう。

【関連記事】医師が教える“寝る前に絶対NGなこと”3選!「音楽をかけるのは…」

 

いかがでしょうか? 目的地に到達するのに道を間違えていたら、なかなか到達できません。それはダイエットにも当てはまると思います。ゴールに確実に到達できるように、適切な“道”を選ぶようにしましょう。

【画像・参考】
※Maridav・Liza888・Makistock・TimeImage Production/Shutterstock

【おすすめ記事】
【PR】週7時間の運動は欠かさない!50代「トライアスロンコーチ」が、健康のために続けていることとは?
【食事術】40代・50代こそ“腸内ケア”すべき!? 夫婦で取り入れたい「善玉菌を増やす習慣」
【健康法】「ぎっくり腰がきっかけで…」栄養専門医が実践する“健康法”とは
【免疫】新しい環境で体調崩してない?副交感神経を優位にする「3つのポイント」とは
【サプリ】「自分に合ったサプリって…?」フォロワー10万人超の薬剤師が教える、サプリの注意点
【メンタル】「何をやってもうまくいかない…」現役心理士が教える、“鬱”から身を守る方法