“ぽっこりお腹”を撲滅!? 1日3分だけの「腹捻りトレ」3選

外は暑くてどうしても家にいがち…。そうなると運動不足になって、“ぽっこりお腹”になっていませんか? カラダの前だけではなく、横のぽっこりが気になる人も多いかと思います。

今回は、横に出ている“ぽっこり横っ腹”におすすめのトレーニングを紹介いたします。

【関連記事】【PR】人気ヨガ講師が続けている“健康習慣”とは?「サプリメントって…」

 

プランクに捻りを加える“ツイストプランク”

画像:READY

最初に紹介するトレーニングは“ツイストプランク”です。

まずはうつ伏せになり、肘を支点に腰を持ち上げ、カラダを一直線に維持する“プランク”の姿勢をとります。

この姿勢から腰を捻り、地面に近づけていきます。地面に触れそうになったらまた最初のプランクの姿勢に戻ります。そのまま反対側も同様に行っていきます。この動作を1分間続けていきましょう。

足を上げて捻る“ツイストレッグレイズ”

画像:READY

次のトレーニングは“ツイストレッグレイズ”です。

仰向けになり、両足を揃えて真っ直ぐ持ち上げます。上半身を両手で動かないように支えながら、足を左右に地面ギリギリまでゆっくり降ろしていきます。

またゆっくり戻していき反対側も行います。こちらも先程のトレーニング同様に1分間続けていきましょう。

上半身を捻る“ロシアンツイスト”

画像:READY

最後のトレーニングは“ロシアンツイスト”です。

地面に体育座りの姿勢で、膝を90度に曲げて座ります。両手を腹筋の前で揃えて、上半身を少し後ろに倒します。この上半身が少し後ろに倒れている姿勢を維持し、カラダを捻りながら、両手で腰の側面の近くの地面を触ります。

地面を触ったら、そのまま反対側も行い、1分間繰り返していきます。負荷が足りない方は重りを持つことで負荷を高めることができます。

【関連記事】1日3分捻じるだけ!“シックスパック”を叶えるお手軽「腹筋トレーニング」3選

 

いかがでしたか? カラダを捻るトレーニングを行うことにより、腹斜筋にアプローチできます。腹斜筋を鍛えて“ぽっこり横っ腹”を撲滅していきましょう。

【画像・参考】
※ Maridav/Shutterstock

【おすすめ記事】
【PR】週7時間の運動は欠かさない!50代「トライアスロンコーチ」が、健康のために続けていることとは?
【食事術】40代・50代こそ“腸内ケア”すべき!? 夫婦で取り入れたい「善玉菌を増やす習慣」
【健康法】「ぎっくり腰がきっかけで…」栄養専門医が実践する“健康法”とは
【免疫】新しい環境で体調崩してない?副交感神経を優位にする「3つのポイント」とは
【サプリ】「自分に合ったサプリって…?」フォロワー10万人超の薬剤師が教える、サプリの注意点
【メンタル】「何をやってもうまくいかない…」現役心理士が教える、“鬱”から身を守る方法