トレーナーが教える“筋トレ後にしないNG習慣”3選「睡眠不足に陥ると…」

ダイエットやカラダを鍛えるために、皆さん日々運動を頑張っているかと思います。

ただ、せっかく運動したのに、それを台無しにしてしまうNG習慣があるのはご存知でしょうか? 今回は、トレーナである筆者が、運動後にNGなこと3つを紹介いたします。

【関連記事】【PR】人気ヨガ講師が続けている“健康習慣”とは?「サプリメントって…」

 

(1)お酒を飲む

画像: Ushico/PIXTA

最初に紹介するNGなことは運動後にお酒を飲むことです。運動や筋トレをした後のビールはたまらなく美味しいですよね。でもその行動はNGです。

運動後に一番大事な工程である筋肉のタンパク質合成を、アルコールは邪魔してしまうと一般的にいわれています。そのため、筆者は筋トレ後にはアルコールを飲まないようにしています。

どうしても飲む予定がある場合は、アルコールを飲む日は筋トレをしないと決めても良いかもしれません。

(2)炭水化物を抜く

画像:Stock-Asso/Shutterstock

次に紹介することは運動後の食事で炭水化物を抜くことです。

筋トレなどの運動をすることにより、カラダの中にあるグリコーゲンという糖が消費されていきます。これが無くなると、疲労が溜まった状態になりがちです。

このグリコーゲンを回復させるには炭水化物(糖)が必要だと筆者は考えているので、運動後には積極的に摂取するようにしています。

(3)睡眠不足

画像:Taka /PIXTA

最後に紹介する、NG習慣は睡眠不足です。

睡眠不足に陥るとカラダの機能が低下しがち。寝不足の時は集中力が落ちたり力が入らなかったりもしますよね。

筋トレ後は、カラダを回復させたいので、睡眠はしっかりとるようにしていきましょう。しかし、寝る直前に筋トレをしてしまうと、カラダが覚醒してしまい寝付けなくなってしまうので、筆者は就寝の3時間前には終わらせています。

【関連記事】医師2人が口にしない“NG食品&飲み物”5選とは?「パスタや白米…」

 

いかがでしたでしょうか。今回は運動後にしてはいけないNG行動3つを紹介いたしました。

【画像・参考】
※PanKR・Ushico・Taka/PIXTA(ピクスタ)、Stock-Asso/Shutterstock

【おすすめ記事】
【PR】週7時間の運動は欠かさない!50代「トライアスロンコーチ」が、健康のために続けていることとは?
【食事術】40代・50代こそ“腸内ケア”すべき!? 夫婦で取り入れたい「善玉菌を増やす習慣」
【健康法】「ぎっくり腰がきっかけで…」栄養専門医が実践する“健康法”とは
【免疫】新しい環境で体調崩してない?副交感神経を優位にする「3つのポイント」とは
【サプリ】「自分に合ったサプリって…?」フォロワー10万人超の薬剤師が教える、サプリの注意点
【メンタル】「何をやってもうまくいかない…」現役心理士が教える、“鬱”から身を守る方法