医師が“朝に絶対にしない習慣”3つとは?「朝食を抜くのはNG…!?」

朝、目覚めてから出勤するまでどのように過ごしていますか? ギリギリまで寝ていたり、朝食を食べる時間もなくバタバタと準備をして出勤することが習慣化していませんか?

当てはまることがある方は、あなたの行動は朝のNG習慣になっているかも!

そこで、今回は、総合診療医である石井道人先生に健康のために朝しないことを3つ伺ってきたので参考にしてください。

【関連記事】【PR】人気ヨガ講師が続けている“健康習慣”とは?「サプリメントって…」

 

健康のために3つの朝しないこと

画像:Elnur/Shutterstock

——石井先生が朝にしないように気をつけていることを3つ教えてください。

(1)朝食を抜かない

朝食を抜くことです。どんなに時間がないときでも、必ず何か胃に入れるようにはしています。缶ジュースでも、菓子パンでも、食べないよりは良いと思います。朝食を抜くと、前日の夕食から時間があくので、昼食時に血糖値が急激に上がる可能性が考えられます。

——朝食はどんなものを食べられていますか?

時間があればヨーグルト、果物、雑穀系のパンなどを食べるように心がけています。

(2)寝過ぎない

休みの日に寝すぎないように気をつけています。睡眠はどのくらい眠ったかの時間も大事ですが、規則性も大切です。

極端に寝溜めや平日の睡眠不足の解消のために、寝すぎるとカラダのリズムを崩してしまいます。

(3)二度寝はしない

二度寝はしないように心がけています。生活リズムを一定に保つことがカラダの調子を維持する秘訣だと考えています。

朝のおすすめの習慣とは

画像: Syda Productions/Shutterstock

——医者という立場からみて、朝にやるとプラスな習慣はありますか?

朝食にゆっくりと血糖値が上昇する食べ物を食べることをおすすめします。日中のパフォーマンスにつながることが期待できます。

【関連記事】医師がお風呂で“絶対にしないNG習慣”3つとは?「カラダを洗うときに…」

 

いかがでしたか? 日中頑張っているのに成果がでないという人はもしかしたら朝のNG習慣が原因かも! 先生のアドバイスをもとにプラスな習慣を身につけてくださいね。

※本サイトにおける医師および各専門家による情報提供は、診断行為や治療に代わるものではなく、正確性や有効性を保証するものでもありません。また、医学の進歩により、常に最新の情報とは限りません。個別の症状について診断・治療を求める場合は、医師より適切な診断と治療を受けてください。

<プロフィール>
石井道人
2007年北里大学医学部卒業後、東京都立多摩総合医療センターにて研修後、ERに専従。北海道喜茂別町で僻地・家庭医療に従事したのちに、現在は横浜市青葉区の『ファミリークリニックあざみ野』の院長を務めている。

【画像・参考】
※Estrada Anton・Elnur・Syda Productions/Shutterstcok

【おすすめ記事】
【PR】週7時間の運動は欠かさない!50代「トライアスロンコーチ」が、健康のために続けていることとは?
【食事術】40代・50代こそ“腸内ケア”すべき!? 夫婦で取り入れたい「善玉菌を増やす習慣」
【健康法】「ぎっくり腰がきっかけで…」栄養専門医が実践する“健康法”とは
【免疫】新しい環境で体調崩してない?副交感神経を優位にする「3つのポイント」とは
【サプリ】「自分に合ったサプリって…?」フォロワー10万人超の薬剤師が教える、サプリの注意点
【メンタル】「何をやってもうまくいかない…」現役心理士が教える、“鬱”から身を守る方法