「とんでもございません」って言いがちだけど…!“間違いがちな敬語”をマナー講師が解説

伝える相手に対する配慮から丁寧な敬語表現を使ったつもりが、実は間違いだったなんて経験はありませんか? 恥ずかしい思いをしないためにも、正しい敬語表現を身につけて品格を磨いていきたいものですよね。

そこで今回は、よく見かける「とんでもございません」という敬語表現について、ビジネスマナー講師の安達美菜先生に解説してもらいました!

【関連記事】【PR】45歳・焚き火マイスターが、健康のために取り入れたい新習慣とは?

 

謙遜のつもりが…実はNGだった?

画像:Roman Samborskyi/Shutterstock

——「とんでもございません」という言葉をよく見聞きするのですが、正しい敬語表現なのでしょうか?

お褒めの言葉を頂いたり、お礼を言われたりすると「とんでもございません」と謙遜して使うことが多いかと思います。違和感を覚えない人も多いかと思いますが、実は誤った表現だといわれています。

「とんでもございません」は“とんでも”と“ない”で分けて、“ない”の部分を丁寧な表現で“ございません”と言い換えていると思われます。しかし、“とんでもない”で1つの単語とされているので、“とんでも”と“ない”で別々に分けることがそもそも間違いだと考えられるでしょう。

——正しい表現を教えて下さい。

「とんでもないことでございます」が丁寧な言い方ですが、「とんでもないです」という言い方で問題ありません。

「よろしかったでしょうか」は間違い…!?

画像:BonNontawat/Shutterstock

——「よろしかったでしょうか」という言葉をよく見聞きするのですが、正しい敬語表現なのでしょうか?

今、良いかどうか確認している場合、「よろしかったでしょうか」と過去形で聞くのは間違いでしょう。正しい表現としては「よろしいでしょうか」です。

例えば、「お時間よろしかったでしょうか」ではなく、「お時間よろしいでしょうか」が正しい言葉遣いといえます。

ただし、過去のことを確認する場合は間違いではありません。例えば「以前お話した契約内容はこちらでよろしかったでしょうか」や、「ご注文頂いていた商品はこちらでよろしかったでしょうか」は誤りではありません。

【関連記事】「取り急ぎお礼まで」はNG…!? ベテランも新入社員もやりがちな“マナー違反”

 

いかがでしたか? 正しいとされる敬語表現には、文法から考えると辿り着けることが多いかもしれませんね。他にも迷った表現があればぜひ参考にしてください。

<プロフィール>
安達美菜
ビジネスマナー講師。大学卒業後、営業や人事の業務経験を経てビジネスマナー講師及び心理カウンセラーの資格を取得。研修ではコーチ、ファシリテーターやメンタリヘルスアドバイザーとして活動し、マナーとメンタルを通じた組織の活性化などを実現する。SNSではキャッチ―な“マナー川柳”を投稿し、さまざまなシーンでの正しい言葉遣いや振る舞いを発信している。
【SNS】Instagram:@adachi.manners
【ブログ】便利なマナー川柳

【画像・参考】
※Roman Samborskyi・fizkes・BonNontawat/Shutterstock

【おすすめ記事】
【PR】週7時間の運動は欠かさない!50代「トライアスロンコーチ」が、健康のために続けていることとは?
【食事術】40代・50代こそ“腸内ケア”すべき!? 夫婦で取り入れたい「善玉菌を増やす習慣」
【健康法】「ぎっくり腰がきっかけで…」栄養専門医が実践する“健康法”とは
【免疫】新しい環境で体調崩してない?副交感神経を優位にする「3つのポイント」とは
【サプリ】「自分に合ったサプリって…?」フォロワー10万人超の薬剤師が教える、サプリの注意点
【メンタル】「何をやってもうまくいかない…」現役心理士が教える、“鬱”から身を守る方法