「信頼関係」を築くのが大事って? “自分で考える子”に育つポイント

子どもには、困難に直面しても自ら考えて行動できる人間になってほしいと考える親は多いのではないでしょうか。では、そのように子どもを育てるためには、どのような点に気を付ければいいのでしょう?

そんな疑問を解決するために、今回は島村華子氏の著書『モンテッソーリ教育・レッジョ・エミリア教育を知り尽くした オックスフォード児童発達学博士が語る 自分でできる子に育つ ほめ方 叱り方 3歳 〜 12歳 の子ども対象』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)より、“自分で考える子”に育てるためのポイントをご紹介します。ぜひチェックしてみてください。

注意深く話を聞くことで子どもは“自分で”考え始める

画像:OBprod/shutterestock

島村氏は自身の著書において、「否定されないことが、自分で考える力につながる」と述べています。そのために必要なのが「アクティブ・リスニング」で、子どもは親から注意深く話を聞いてもらうことで、「自分自身を振り返り、自ら解決策を考える」といいます。

そして、「アクティブ・リスニング」には「ボディ・ランゲージ」「無条件の受容精神」「反映力」「コミュニケーションのバリケードに気を付ける」といった4つのポイントがあると述べています。

子どもを一人の個人としてみなして接することで信頼関係を築き、自ら考えて行動できる人間にも成長させてくれるこの4つの内容について見ていきましょう。

子どもが話しやすい場を整える

人のコミュニケーションのうち55%を占めているといわれる「ボディ・ランゲージ」は、アクティブ・リスニングにおいても重要な役割を果たします。身振り手振りによって子どもに対する興味を表現でき、「話しやすい状態をつくりだす」ことができます。

子どもの話を聞く際は、相手の正面に座ったり、目を合わせたりするなど、カラダ全体で聞いていることを示すといいでしょう。

気持ちを心から受け止める姿勢が大事

画像:VGstockstudio/shutterstock

「ボディ・ランゲージ」で子どもが話しやすい状況を作ったら、心からその話に耳を傾けて「無条件に受け止める」ことが「アクティブ・リスニング」において欠かせないと島村氏は著書で述べています。

大切なのは子どもを一人の人間として考えて、その話に興味をもって聞くことなのでしょう。自分と子どもの意見が対立することがあっても相手の気持ちを尊重してみては。そして、子どもが困難な状況に直面しているとわかっても、自力で乗り越えてくれるだろうと信じましょう。

会話での「反映力」が信頼を生む

また、島村氏は、子どもと対話をする際に「反映力」を活かすことで信頼関係が生まれて子どもの思いを聞き出すことができると著書で説明しています。

「反映力」は、子どもの話を「同じ温度で理解してあげているかを確認するプロセス」だといいます。自分の意見を押し付けたりアドバイスしたりするのではなく、子どもの話す言葉を反復したり適宜まとめたりしながら、会話を進められるよう心がけてみてはいかがでしょうか。

3つの障害に気を付ける

画像:Sergey Nivens/shutterestock

普段の会話でなにげなくしているリアクションが、実は「アクティブ・リスニング」の妨げになっていることがあります。

子どもの話を聞いて善悪を“ジャッジ”すること、抱える問題を“解決”すること、気持ちを考慮せずに正論を述べて“話に向き合わないこと”、これらはいずれも子どもとの「コミュニケーションのバリケード」になってしまうでしょう。

子どもがどういう気持ちで、どのような問題を抱えているのかを全力で受け止めるために、これらの癖が出ていないか振り返ってみるといいでしょう。

 

いかがでしたか? 今回は子どもが自分で考える子に育つ“アクティブ・リスニング”についてご紹介しました。ぜひ参考にしてみてください。

【引用元】
※モンテッソーリ教育・レッジョ・エミリア教育を知り尽くした オックスフォード児童発達学博士が語る 自分でできる子に育つ ほめ方 叱り方 3歳 〜 12歳 の子ども対象(島村華子)/ディスカヴァー・トゥエンティワン

【参考・画像】
※fizkes/OBprod/VGstockstudio/Sergey Nivens/shutterestock

【おすすめ記事】
【PR】“働き盛り”パパの悩みを大公開!家族を守りたい「父親」にオススメのサプリとは?
【仕事】YouTuber・ドクターハッシーの仕事術公開!4つの仕事をこなすための「マルチタスク術」
【ダイエット】「ぽっちゃりお腹」どうする?トレーナー直伝の“腹筋”で効率よく引き締めよう
【食事術】腸活フードで健康的に!管理栄養士おすすめの「腸を整える」食事とは?
【財テク】“節税”したい人必見!知らなきゃ損する「確定申告」の2つのコツ
【ビジネス】部下の「やる気」が出る条件とは?上司が覚えておきたい大切なポイント