「これができたら欲しいものを買ってあげる」はNGだった!? 自立心を作る子育てとは

おうち時間が増えたことにより、親子で過ごす機会も増加したのではないでしょうか。そういったなかで、親子の関係性を見直すきっかけになった人も多いことでしょう。

より円満な親子関係を築くためにどんなことに気をつければいいでしょうか? 様々な方法があると思いますが、その1つとして、人材教育のスペシャリストである佐藤英郎氏が開発した、親向け研修『ファミリーコーチング』を受けてみるのはいかがでしょう。

何気ないその一言が子どもの自立心を阻む!?

画像:Yuganov Konstantin/shutterstock

「何度言ったら分かるの?」「どうせあなたには無理」「これができたら欲しいものを買ってあげる」などといった言葉を子どもにかけたことがある人は多いですよね。

『ファミリーコーチング』の考え方では、これらの言葉の裏には、親の都合や状況に合わせたコントロールが強く働いているのだそう。例えば、「強く言えば相手は動いてくれる」という思考も、子どもを「思い通りにコントロールしようとする」といった思惑があり、結果的に子どもとの距離が離れてしまうといいます。

このような生活が続くと子供は「言うことをきかないと怒られる」と恐れを抱いて主体性をなくし、自信や自尊心を奪われて信頼関係が崩れていくのだとか。

自立心を育むかかわり方とは?

画像:Hananeko_Studio/shutterstock

『ファミリーコーチング』では、子どもをコントロールするのではなく「相手は変えられない」という前提にたった“選択倫理心理学”に基づいた子育てを学ぶことができるそうです。

具体的にいうと、「人に何かをやらせることはできない」や「人のやる気は、本人の興味・関心のあることしか向かない」という考えに基づいた子育てです。

指示や命令ではなく、質問などのコミュニケーションを繰り返すことで子ども本来の願望を引き出す方法を学べるそう。これにより、子供が持っている本体の力を発揮しやすくなり、自信や自尊心が育まれることにつながっていくでしょう。

【関連記事】「偉いね!」「すごいね」だけではNG!子どものほめ方の正解とは

 

いかがでしたか? 『ファミリーコーチング』は今後日本各地で開催予定だそう。良好な親子関係になる方法として取り入れみるのもいいかもしれないですね。

【参考・画像】
もうガミガミ言わなくていい!子どもの自信・自立心が育まれるかかわり方とは!? – PR TIMES
※ANURAK PONGPATIMET/Yuganov Konstantin/Hananeko_Studio/shutterstock

【おすすめ記事】
【PR】“働き盛り”パパの悩みを大公開!家族を守りたい「父親」にオススメのサプリとは?
【仕事】YouTuber・ドクターハッシーの仕事術公開!4つの仕事をこなすための「マルチタスク術」
【ダイエット】「ぽっちゃりお腹」どうする?トレーナー直伝の“腹筋”で効率よく引き締めよう
【食事術】腸活フードで健康的に!管理栄養士おすすめの「腸を整える」食事とは?
【財テク】“節税”したい人必見!知らなきゃ損する「確定申告」の2つのコツ
【ビジネス】部下の「やる気」が出る条件とは?上司が覚えておきたい大切なポイント