テレワークでストレスなく働くには?カギは“雑談”にあった!?

オフィスで仲間に囲まれながら働くのとは違い、テレワークは孤独でストレスが溜まりやすいと感じる人も多いことでしょう。オフィスに出社しているときと同様に、活き活きと働くには何が必要なのでしょうか?

今回は株式会社リクルートキャリアが行ったアンケート調査をもとに、そのテレワークでも快適に働くためのポイントをご紹介していきます。

67.7%がストレスを解消できずにいる

画像:株式会社リクルートキャリア

株式会社リクルートキャリアは、新型コロナウイルス感染拡大を受けてテレワークを始めた20~60代の就労者2,272人(※1)にアンケート調査を実施。

まず、テレワークを開始したことで新たにストレスを感じるようになった人について調べると59.6%という割合になりました。そのうち、67.7%の人が依然そのストレスを抱えたまま働いていることが分かりました(※2)。

テレワークではこれまで行われていた、社内でのコミュニケーションの量や協働意識が低下しがちであり、なかでも業務中の息抜き的な役割を果たす“雑談”の機会が少なくなることは、ストレスが溜まる1つの要因だといえるのではないでしょうか。

ストレス解消に「雑談」の有無が関係!?

画像:株式会社リクルートキャリア

そこで、次のアンケートではテレワークでストレスを感じるようになったと答えた人を対象に、テレワーク時の雑談の有無を基準に分類。その分類において「現在までに、テレワークのストレスを解消できていない」と答えた人の割合を見てみると、「雑談あり」のグループが63.2%、「雑談なし」のグループが77.3%という結果になりました。

雑談あり・なしの間で14.1ポイントの差が開いており、テレワーク中の雑談がストレス解消のカギになってくるのではないでしょうか。

では、そのような雑談は業務中のどのタイミングで取り入れるとよいのでしょうか。また、取り入れている人たちはどのような内容の雑談を行っているのでしょう?

雑談のタイミングと心掛けたいポイント

画像:株式会社リクルートキャリア

アンケートによると、テレワーク中の雑談は「チャットなどでの業務外の会話」「会議開始前の世間話のような会話」といった形で取り入れられていることが多いと分かります。気軽にコミュニケーションを取れるチャットツールや会議前のアイスブレイクをうまく利用することで、積極的なコミュニケーションを図っているようです。

実際に、テレワーク中でのストレス解消に関するコメントに「雑談に関する問題意識を共有し、雑談の意義を共有し、雑談するようにした(愛知県/44歳)」「いままで以上に細部の連携を頻繁に行う(東京都/39歳)」と寄せられているように、出社時以上に会話量を意識したほうがいいといえるでしょう。

【関連記事】【産業医が解説】テレワークでのストレスはどう解消する?

 

いかがでしたか? 今回はテレワークにおいて快適に働くカギについてご紹介しました。参考にしてみるといいかもしれないですね。

【画像・参考】
テレワーク経験者の6割、テレワーク前にはなかったストレスを実感 仕事中の「雑談」有無の違いでストレス解消具合に14.1ptの差 – @Press
※jessie/PIXTA(ピクスタ)
※1 2020年1月以降にテレワークを実施した人(公務員、パート・アルバイトを除く)
※2 調査時点9月

【おすすめ記事】
【PR】週7時間の運動は欠かさない!50代「トライアスロンコーチ」が、健康のために続けていることとは?
【食事術】40代・50代こそ“腸内ケア”すべき!? 夫婦で取り入れたい「善玉菌を増やす習慣」
【健康法】「ぎっくり腰がきっかけで…」栄養専門医が実践する“健康法”とは
【免疫】新しい環境で体調崩してない?副交感神経を優位にする「3つのポイント」とは
【サプリ】「自分に合ったサプリって…?」フォロワー10万人超の薬剤師が教える、サプリの注意点
【メンタル】「何をやってもうまくいかない…」現役心理士が教える、“鬱”から身を守る方法