withコロナ時代、夫婦の円滑なコミュニケーションの秘訣とは!?

コロナ禍で在宅勤務や家にいる時間が増えたことで、世の中の夫婦の関係は悪化したのでしょうか? 子育てや家事を手伝ってくれないという理由での夫婦喧嘩を機に、“コロナ離婚”という言葉まで登場するようになりました。

一方で、明治安田生命の「いい夫婦の日」に関するアンケート調査によると、全体の20%の夫婦は「夫婦関係が良くなった」という結果が報告されています。

夫婦円満のカギは“時間”と“内容”にあった

画像:明治安田生命保険相互会社

夫婦円満には会話の“時間”と“内容”の2つが影響しているようです。

「円満である夫婦」の平日・休日の平均会話時間と「円満でない夫婦」の平均時間には約3倍の差があることが調査結果から分かります。

一方で、円満夫婦と円満でない夫婦の会話内容の差は、「子供のこと」以外の会話に如実に現れています。

画像:明治安田生命保険相互会社

夫婦仲と関係なく、子供のいる夫婦の会話は「子供の話」がメインになっています。そのうえで、円満でない夫婦は二人きりで話す事に「違和感を感じる」「恥ずかしい」といった感情が邪魔をして、子供のこと以外の会話ができないようです。

配偶者に言われたい一言は?

画像:明治安田生命保険相互会社

配偶者から言われたい一言として、女性は「ありがとう」の言葉を男性よりも強く求めていることがわかりました。コロナ禍で家事も育児も共に過ごす時間が当たり前になってきて、日頃の感謝を伝えにくくなっているのではないでしょうか?

おうち時間で家族と過ごす時間が増えています。近くにいるから分かり合えるのではなく、近くにいるからこそ、お互いの心を見つめ合い、気持ちを共有することが大事です。「ありがとう」と素直に伝えあいましょう。

 

withコロナ時代で一緒に過ごす時間が増えても、夫婦はお互いへの感謝の気持ちを忘れずに愛を深めてくださいね。

【参考・画像】
withコロナ時代 <夫婦円満>のカギは“会話の時間と内容”  テーマ「だいじな人ほど、だいじにしよう」動画を公開 – @Press
※fizkes/shutterstock