大人に似合う「ツーブロック」って?メリットと40代男性におすすめヘアを紹介

“ツーブロック”といえば、男性のヘアスタイルとしてポピュラーなものの1つでしょう。ただ、“ツーブロック”が、なぜここまで人気なのか知っていますでしょうか? 髪型としてかっこいいのはもちろんですが、髪の悩みや骨格をカバーしてしてくれるメリットもあるからここまで広まったと考えられます。

髪型や骨格によって向き不向きもあるので、すべての方に似合うというわけではありませんが、おすすめのツーブロックについて、表参道『5 SCENE AOYAMA』で働いている美容師の筆者が紹介していきます。

【関連記事】【PR】38歳・ゴルフのティーチングプロが「40代を迎えることに不安がない」理由とは?

 

まずツーブロックって?

画像:READY

“ツーブロック”とは長さの違うブロックが2箇所あるヘアスタイルです。刈り上げた部分に長めに残した髪を上からかぶせています。刈り上げとは違い、全体の印象が少し長めになります。

刈り上げスタイルよりも、ツーブロックの方がバリエーションも多く、癖毛の方やパーマスタイルにも相性抜群です。

40代男性が“ツーブロック”にするメリット

40代男性がツーブロックにするメリットをご紹介していきましょう。

(1)生え際がすっきりする

40代男性が髪型で清潔感を出すには、“生え際のきれいさ”がポイントだと考えます。年齢とともに、もみあげや襟足にうねりが出る人も多いため、伸びてくるとだらしなく見えてしまうんです。

ツーブロックなら、そんな気になる部分をすっきりと刈り上げることができるので、圧倒的な清潔感を出すことができるでしょう。生え際が短くなることで、頭全体も引き締まり、“若見え”も期待できます。

(2)横の膨らみをカバーしてくれる

横が膨らみやすい髪質の人は、ツーブロックにすることで、内側を短くして毛量をしっかりとることができます。

また、上の長い髪の毛がかぶさっているため、刈り上げスタイルよりも伸びををごまかすこともできるのでおすすめです。

40代ツーブロックの注意点

ツーブロックは、内側の刈り上げた箇所が短ければ短いほど、上にかぶせた長い髪との差が大きく出てきます。

40代男性の場合、刈り上げ部分が短すぎると、少し幼さや、やり過ぎ感がでてしまいますので、“6mm〜9mm”が大人なツーブロックのベストな長さでしょう。写真などで美容師とのイメージ共有をおすすめします。

また、ツーブロックの場合、少し長めな印象になる髪型も多いので、おでこを出すとより爽やかでしょう。

40代男性に似合うツーブロック3選

最後に、おでこを出した40代におすすめのツーブロックヘアスタイルを紹介していきます。

(1)前髪長めツーブロックヘアセンターパート

画像:READY

人気の前髪長めのツーブロック。ビジネスシーンでは少しオールバック気味にスタイリングをしたり、オフの日はセンターパートでさらっと流すこともできます。

(2)爽やかショートツーブロック

画像:READY

短めのヘアスタイルですが、ツーブロックで横と後ろに長さの差をつけることで、メリハリを出すことができます。もみあげや襟足の伸びるスピードにも差があるので、ヘアスタイルのもちも良くなります。

(3)ツーブロックニュアンスパーマ

画像:READY

いつものツーブロックに飽きた方はパーマで、より大人のおしゃれ度を上げるのもおすすめです。立体感と柔らかさが出るので、直毛の方やペタッと潰れてしまう方にぴったりです。

【関連記事】ダイエットなのにカレーOK!「12kgの減量」に成功した医師監修の“糖質オフレシピ”とは?

 

いかがでしたか? ツーブロックで大人のおしゃれ度を高めてみてくださいね。

【おすすめ記事】
【PR】週7時間の運動は欠かさない!50代「トライアスロンコーチ」が、健康のために続けていることとは?
【食事術】40代・50代こそ“腸内ケア”すべき!? 夫婦で取り入れたい「善玉菌を増やす習慣」
【健康法】「ぎっくり腰がきっかけで…」栄養専門医が実践する“健康法”とは
【免疫】新しい環境で体調崩してない?副交感神経を優位にする「3つのポイント」とは
【サプリ】「自分に合ったサプリって…?」フォロワー10万人超の薬剤師が教える、サプリの注意点
【メンタル】「何をやってもうまくいかない…」現役心理士が教える、“鬱”から身を守る方法