“刈り上げ”のベストな長さって?40代メンズにおすすめの“若見えヘア”3選

“刈り上げ”を取り入れている男性は多いですが、そのスタイルは今の自分に本当に似合っているでしょうか?  20代〜30代の時はベストだった髪型も、40代になるとしっくりこないと悩むこともあるでしょう。

もしかしたら、それは刈り上げ方に問題があるのかもしれません。今回は、表参道『5 SCENE AOYAMA』で働いている美容師の筆者が、40代男性のための“刈り上げ”のポイントを紹介していきます。

【関連記事】【PR】38歳・ゴルフのティーチングプロが「40代を迎えることに不安がない」理由とは?

 

40代の刈り上げは“4mm〜6mm”がベスト!

40代の刈り上げは清潔感と大人な余裕が大切。長すぎるとだらしなく見えやすく、短すぎると頑張りすぎている印象に。大人な男性は控えめなぐらいがセクシーでかっこよくみえるでしょう。

(1)4mm刈り上げの例

画像:READY

(2)6mm刈り上げの例

画像:READY

40代の大人な男性が、もみあげや襟足をバリカンで刈り上げる場合は、“4mm〜6mm”がベストだと考えます。もしくは、柔らかい印象にする為にハサミでの刈り上げもおすすめしています。

また、下の写真のようにメリハリを出すために徐々に長さを変えて刈り上げる、グラデーションの刈り上げも40代男性に多く提案しています。より立体的になり骨格補正ができます。

画像:READY

刈り上げのセルフメンテナンスって?

刈り上げの唯一のデメリットは、伸びるスピードが早いこと。特にもみあげは髭同様に伸びると気になりやすいでしょう。

そんな時はヒゲ用のトリマー(バリカン)などがおすすめ。6mmから9mmに設定し、耳の少し上の位置まであてると、もみあげを整えることができます。

あまりに短い設定にしてしまうと、伸びてきた刈り上げとの段差ができてしまい、なじみが悪くなってしまうので要注意です!

40代メンズに似合う刈り上げヘア3選

多くの刈り上げスタイルから、40代男性に好印象な刈り上げのヘアスタイルを紹介していきます。

(1)刈り上げショートパーマ

画像:READY

4mmに刈り上げたヘアスタイル。刈り上げの幅を狭くすることでトップが長めに残り、パーマをかけた時のバランスがよくなります。

パーマをかけることで髪に動きやボリュームが出るので、ぺたっとなりやすい方や直毛の方におすすめです。

(2)ツーブロック長め前髪

画像:READY

あまり短くしたくない方や、ボリュームを抑えたい方におすすめしたいのがツーブロックの刈り上げです。

長い髪型はだらしなく見えがちですが、このスタイルでは、もみあげや襟足をすっきりと6mmに刈り上げているので、ビジネスシーンでも好印象です。

(3)刈り上げベリーショート

画像:READY

高い位置まで6mmからのグラデーションで刈り上げたヘアスタイル。全体的にすっきり短く清潔感があり、トップも自然に立ち上がるぐらいまで短くしているので、毎朝のセットも簡単です。

黒髪でも重たく見えず若々しい印象になるでしょう。

【関連記事】大人に似合う「ツーブロック」って?メリットと40代男性におすすめヘアを紹介

 

いかがでしたか? ぜひ、新しい髪型にチャレンジしてみてくださいね。

【おすすめ記事】
【PR】週7時間の運動は欠かさない!50代「トライアスロンコーチ」が、健康のために続けていることとは?
【食事術】40代・50代こそ“腸内ケア”すべき!? 夫婦で取り入れたい「善玉菌を増やす習慣」
【健康法】「ぎっくり腰がきっかけで…」栄養専門医が実践する“健康法”とは
【免疫】新しい環境で体調崩してない?副交感神経を優位にする「3つのポイント」とは
【サプリ】「自分に合ったサプリって…?」フォロワー10万人超の薬剤師が教える、サプリの注意点
【メンタル】「何をやってもうまくいかない…」現役心理士が教える、“鬱”から身を守る方法