ビジネスでOKな“ツーブロック”って?40代メンズが若見えするスタイル3選

“ツーブロック”といえば、メンズの定番ヘアスタイルですが、年齢やシーンに合っているかが大切。美容師である筆者の経験上、40代男性はヘアスタイルに悩まれている方が多い印象です。

年齢を重ねると、今までのヘアスタイルがしっくりこなくなってきたり、セットがしにくくなったりと変化を感じるようになってくるでしょう。そこで、今回は40代のビジネスシーンで好印象な“ツーブロック”について紹介していきます。

【関連記事】【PR】38歳・ゴルフのティーチングプロが「40代を迎えることに不安がない」理由とは?

 

ツーブロックのメリットとは?

画像:READY

上の写真のように耳周りや襟足が伸びたままになっていると、少しだらしなさや、年齢より老けた印象になってしまうことも。下の写真のようにツーブロックにすると、耳周りや襟足のボリュームがとれて、清潔感のある印象になるでしょう。

画像:READY

定期的にメンテナンスすることで清潔感を保つことができるので、1~2ヶ月に1度のカットをおすすめしています。

ただし、全体の印象が短すぎると、人によっては少し幼さや髪にボリューム感が出づらく、寂しい印象になりがち。やや長めのヘアスタイルでツーブロックをすることをおすすめします。

40代男性ツーブロックの注意点!

ツーブロックの場合、内側の刈り上げた箇所が短ければ短いほど、上からかぶせた長い髪との差ができます。したがって、刈り上げの長さのバランスがとても大事。

刈り上げ部分が短すぎると長い部分との“差”が出過ぎてしまい、やり過ぎ感や違和感になってしまうので注意が必要です。ツーブロックでの刈り上げの長さは“6mm〜9mm”がベストでしょう。自然な雰囲気に仕上がるので、スーツにも合いますし、ビジネスシーンでも好印象に見えると思います。

また、セットの際にスタイリング剤をつけすぎると、ベタッとした重たさにもつながるので注意するといいでしょう。

40代男性に似合うツーブロック3選

それでは、最後に40代男性におすすめのツーブロックを紹介していきます。

(1)ソフトツーブロック

画像:READY

面長の輪郭の人におすすめのツーブロックです。横の膨らみがあると、骨格をカバーできるので、少しだけツーブロックにして横の長さを出しています。

(2)ツーブロック前下がりショート

画像:READY

前髪が1番長くなるように切った前下がりのショートヘアです。

襟足と横の内側を刈り上げて、ツーブロックにすれば、長めでも清潔感が出せるのでビジネスシーンにも好印象でしょう。

(3)マッシュベースツーブロック

画像:READY

最近流行りのマッシュベースのツーブロックです。写真のように前髪を下ろしたり、上げたりすることができ、2パターンの髪型を楽しめます。

また、パーマをかけて動きをプラスするのもおすすめですよ。

【関連記事】“腕まくり”ってNGなの…!? 絶対にしてはいけない「マナー違反な身だしなみ」3選

 

いかがでしたか? 自分に合うツーブロックを見つけて、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

【おすすめ記事】
【PR】週7時間の運動は欠かさない!50代「トライアスロンコーチ」が、健康のために続けていることとは?
【食事術】40代・50代こそ“腸内ケア”すべき!? 夫婦で取り入れたい「善玉菌を増やす習慣」
【健康法】「ぎっくり腰がきっかけで…」栄養専門医が実践する“健康法”とは
【免疫】新しい環境で体調崩してない?副交感神経を優位にする「3つのポイント」とは
【サプリ】「自分に合ったサプリって…?」フォロワー10万人超の薬剤師が教える、サプリの注意点
【メンタル】「何をやってもうまくいかない…」現役心理士が教える、“鬱”から身を守る方法