美容師が教える“NGなツーブロック”って?「刈り上げの幅が…」

みなさんも良く耳にする“ツーブロック”。今人気のヘアスタイルなので40代男性もツーブロックにしてみたい、あるいはしている人も多いでしょう。ただ、ツーブロックのヘアスタイルは1つ間違えると逆に印象を悪くしてしまう場合があるんです。

そこで表参道『5SCENE AOYAMA』で働く筆者が、40代男性の注意すべきツーブロックをまとめてみましたので是非参考にしてみてください。

【関連記事】【PR】人気ヨガ講師が続けている“健康習慣”とは?「サプリメントって…」

 

40代男性のNGなツーブロックとは!?

画像:READY

まずツーブロックとは長さが違う髪のブロックが2箇所ある形のこと。耳周りや襟足は短くカットし、トップの髪を長めに残し上からかぶせているヘアスタイルです。

40代男性にはどんなツーブロックがNGなのか説明していきます。

刈り上げが短すぎる、刈り上げの幅が広すぎるのはNG

ツーブロックで良くありがちな失敗がこれ。すっきりと清潔感あるヘアスタイルなら好感度は高いですが、刈り上げが短すぎたり幅が広すぎたりと、“刈り上げ部分を強調”するようなヘアスタイルは受け入れがたいでしょう。

やりすぎない控えめぐらいが大人男性の余裕感をよりアピールできます。

良いツーブロックにするには?

40代男性のビジネスシーンでも好印象なツーブロックにするには、まず刈り上げの長さを5mm以下にしないことです!

刈り上げ部分が青く見えず、肌があまり透けて見えないぐらいの長さが理想的。個人差はありますが、“5mm〜9mm”が清潔感ときちんと感がだせるベストな長さでしょう。

また刈り上げの幅は、上から被せる髪の毛が刈り上げた部分の半分以下にならないように注意してください。上の長い髪の割合が少ないと内側の刈り上げが透けて見え、強い印象になりやすいです。

おしゃれなツーブロックにするためには?

普通のツーブロックではなく、“おしゃれなツーブロック”にするには下記に気をつけるといいでしょう。

(1)おでこをだしてみる

お洒落かつ、こなれ感を出すなら“ツーブロック×でこだし”のヘアスタイルがおすすめです。横と襟足を刈り上げ、前髪を上げれば、顔まわりがスッキリと見え清潔感も抜群です。

(2)パーマをかけてみる

日本人は直毛の方が多いため、ツーブロックにすると、刈り上げと上の毛とのなじみが悪く、不自然になることがあります。パーマをかけることで自然な柔らかい印象になるんです。

毎日のセットも簡単になりますし、大人な色気もでるでしょう。

40代メンズ王道ツーブロック3選

ビジネスシーンでもオフの日でも好印象間違いなしのツーブロックを紹介します。

(1)アップバングツーブロック

画像:READY

短髪ツーブロックは王道スタイル。上の毛も短めで横との長さの差があまりないため、ツーブロック初心者でもチャレンジしやすいヘアスタイルです。

(2)前下がりセンターパート

画像:READY

今人気のセンターパートのツーブロック。

前髪が長いと重たくだらしない印象になりやすいですが、内側をすっきり刈り上げれば清潔感とおしゃれさを演出できます。

(3)ツーブロックニュアンスパーマ

画像:READY

ツーブロックに飽きてきた方はいつもの髪型に少しパーマをプラスすれば、若々しくよりおしゃれな印象になります。

ふんわりボリュームもでるので、気になっているボリュームなども解決できます。

【関連記事】食べるときに手を添えるのはNG…!? 食事で注意したい「マナー違反」3選

 

いかがでしたか? ツーブロックで、よりおしゃれな40代ライフを過ごしてみてくださいね。

【画像】
※Roman Samborskyi/Shutterstock

【おすすめ記事】
【PR】週7時間の運動は欠かさない!50代「トライアスロンコーチ」が、健康のために続けていることとは?
【食事術】40代・50代こそ“腸内ケア”すべき!? 夫婦で取り入れたい「善玉菌を増やす習慣」
【健康法】「ぎっくり腰がきっかけで…」栄養専門医が実践する“健康法”とは
【免疫】新しい環境で体調崩してない?副交感神経を優位にする「3つのポイント」とは
【サプリ】「自分に合ったサプリって…?」フォロワー10万人超の薬剤師が教える、サプリの注意点
【メンタル】「何をやってもうまくいかない…」現役心理士が教える、“鬱”から身を守る方法