ダイエットなのに1日4回食べていい!? 理想のスタイルに近付くための食事法

ダイエットしているのに、なかなか体重が減らないなんてことはありませんか? 実はそれは、間違った食事法をしているのかもしれません。

そこで今回は、プロトレーナーの坂詰真二氏が著書『1日1ページで痩せる ダイエット最強の教科書』(日本文芸社)でおすすめしている、“ダイエットを目指すための食事法”をご紹介します。

糖質は抜かず、糖類を減らす

画像:1日1ページで痩せる ダイエット最強の教科書(坂詰真二)/日本文芸社

坂詰氏によれば「食事制限で、『糖質』を摂らないようにするのは誤りで、『糖類』を減らすのが正解」なのだとか。ダイエット中に、白米やパンを食べずに我慢する一方で、甘い飲み物で空腹を紛らわすのは大きな間違いのようですね。

また、「糖類は血糖値を急上昇させ、体脂肪の貯め込みを促してしまう」そうです。いわば糖類はダイエットの“天敵”ともいえそうですね。

普段何気なく使っている調味料にも、糖類が多く含まれていることがあるらしく、成分表示を確認するのをおすすめします。

食事は1日4回にする

画像:1日1ページで痩せる ダイエット最強の教科書(坂詰真二)/日本文芸社

坂詰氏は本書で、「食事は1日4回に分けて食べるのが正解」と述べています。朝昼をしっかりと食べて、間食を挟み、夜は軽めに食べるのが理想だとか。間食としては、16時ぐらいにおにぎり1つ程度が、おすすめだそうです。

ダイエットというと食事を我慢するイメージが強く、「辛そう」に思われますが、この『1日4回』のダイエットなら我慢が少なくて続けることができそうです。

また、坂詰氏によると「少しずつ食事を摂ることで血糖値の上昇が緩やかになり、摂った栄養が主にエネルギーとして使われるので体脂肪がつきにくくなる」のだそう。ポイントは一気に食べ過ぎないことかもしれません。

【関連記事】年末年始で“ぽっこりお腹”になってない? おうち時間でできる簡単腹筋トレーニング

 

いかがでしたか? ダイエットにつながる食事法について紹介しました。うまく日常生活に取り入れてみるといいですね。

【参考・画像】
1日1ページで痩せる ダイエット最強の教科書(坂詰真二)/日本文芸社
※xiangtao/PIXTA(ピクスタ)

【おすすめ記事】
【PR】週7時間の運動は欠かさない!50代「トライアスロンコーチ」が、健康のために続けていることとは?
【食事術】40代・50代こそ“腸内ケア”すべき!? 夫婦で取り入れたい「善玉菌を増やす習慣」
【健康法】「ぎっくり腰がきっかけで…」栄養専門医が実践する“健康法”とは
【免疫】新しい環境で体調崩してない?副交感神経を優位にする「3つのポイント」とは
【サプリ】「自分に合ったサプリって…?」フォロワー10万人超の薬剤師が教える、サプリの注意点
【メンタル】「何をやってもうまくいかない…」現役心理士が教える、“鬱”から身を守る方法