乳酸菌にも「種類」がある?摂取する前に知っておきたい“働き”や“選び方”

日常生活でよく耳にする“乳酸菌”。なんとなくカラダにいいことは知っているし、積極的に摂ろうとは心掛けている人は多いのではないでしょうか。でも、意外とどんな種類があって、なぜカラダにいいのか詳しく知らないという方もいるのでは?

そこで今回は日本機能性医学研究所所長・斎藤糧三先生に“乳酸菌”の働きや種類について教えていただきました。

乳酸菌とは一体何?

画像:Pangaea/PIXTA(ピクスタ)

——乳酸菌とは一体どんな菌を指すのでしょうか?

厚生労働省の『e-ヘルスネット』によると「発酵によって糖類から乳酸を作り出す性質を持つ微生物」(※1)と説明されています。乳酸菌は、腸内で大腸菌などの悪玉菌の繁殖を妨げたり、腸内バランスを整えたりと、人間のカラダにとって有益な菌と考えられていて『善玉菌』とも呼ばれています。

——乳酸菌にはさまざまな種類があるのでしょうか?

乳酸菌にはたくさんの種類があり、それぞれの働きについても多くの研究が行われています。たとえば、よく知られている『ビフィズス菌』も乳酸菌の一種です。

『ビフィズス菌』は、先述の『e-ヘルスネット』によると「整腸作用だけではなく、病原菌の感染や腐敗物を生成する菌の増殖を抑える効果があると考えられている」(※2)とも説明されています。他にも、ピロリ菌を排除する可能性がある乳酸菌の研究なども進められています。

乳酸菌のなかでも、『L.ラムノサス菌』という菌は世界で広く研究されている乳酸菌です。『L.ラムノサス菌』は、酸耐性が強く、他の乳酸菌と比べても粘膜への接着性が高いという報告(※3)があります。また、消化管に長く滞在し、摂取後に成人の便から少なくとも1週間は回収できたとも報告(※3)されています。

乳酸菌はどうやって摂取すればいい?

画像:buritora/PIXTA(ピクスタ)

——乳酸菌を摂取するにはどういったことに気を付ければいいのでしょうか?

腸内の善玉菌の割合を増やすには、乳酸菌を摂取するのはもちろん重要ですが、腸内を乳酸菌が住みやすい環境にすることも必要になるでしょう。

そのために重要なのは、『プレバイオティクス』といわれているオリゴ糖や食物繊維です。『プレバイオティクス』は善玉菌を増やす手助けをして、野菜や果物などに多く含まれているといわれています。乳酸菌と『プレバイオティクス』を一緒に摂取することがおすすめです。

また、効率よく乳酸菌を摂取するために、乳酸菌が入ったサプリメントを摂ることも1つの手段でしょう。『プレバイオティクス』のオリゴ糖は、特定保健用食品などで販売されていたりもしますので、こういったものを利用するのもいいでしょう。

乳酸菌を摂るためのおすすめの食品

以上を踏まえ、乳酸菌を効率よく摂取するためにおすすめの食品をご紹介しましょう。

(1)乳酸菌飲料

画像:buritora/PIXTA(ピクスタ)

乳酸菌飲料には、乳酸菌が多く含まれているでしょう。こういった食品を継続的に摂取して、腸内の善玉菌を増やしていきましょう。

(2)漬物

画像:MIKO/PIXTA(ピクスタ)

漬物自体は発酵食品であるので、乳酸菌を多く含み、なおかつ野菜などの漬物は『プレバイオティクス』である食物繊維を多く含んでいます。乳酸菌を効率よく摂取しつつ、善玉菌を増やす手助けをしてくれるはず。定期的に食べることを心掛けるといいでしょう。

(3)乳酸菌を含んだサプリメント

画像:新日本製薬

食事だけでなくサプリメントで乳酸菌を摂取するのも1つの方法でしょう。たとえば、新日本製薬から新たに発売されたサプリメント『BODY AURA』には、『L.ラムノサス菌』と呼ばれる乳酸菌が配合されています。こういった商品を利用して、賢く乳酸菌を摂るのもいいですね。

【参考】BODY AURA』の成分について

 

いかがでしたか? 今回おすすめした方法を試しながら、腸内環境を整えてみるのもいいかもしれないですね。

【関連記事】夫婦で摂りたい“乳酸菌”!管理栄養士が教えるメリットとは?

 

※本サイトにおける医師および各専門家による情報提供は、診断行為や治療に代わるものではなく、正確性や有効性を保証するものでもありません。また、医学の進歩により、常に最新の情報とは限りません。個別の症状について診断・治療を求める場合は、医師より適切な診断と治療を受けてください。

<プロフィール>
斎藤糧三
1973年生まれ。1998年、日本医科大学卒業。その後、美容皮膚科治療、栄養療法、点滴療法、ホルモン療法を統合したトータルアンチエイジング理論を確立。2008年、機能性医学の普及と研究を推進するため『日本機能性医学研究所』を設立。2013年、「食で日本を健康にします」をモットーに、「一般社団法人日本ファンクショナルダイエット協会」を設立。2017年、スーパーフードとしての牧草牛の普及を目指し、日本初の牧草牛専門精肉店「Saito Farm 麻布十番」をオープン。2018年、ソフトウエア医療機器の開発企業として株式会社「ライフクエスト」を設立。

【画像・参考】
※1 乳酸菌 – e-ヘルスネット(厚生労働省)最終閲覧年2021
※2 ビフィズス菌 – e-ヘルスネット(厚生労働省)最終閲覧年2021
※3 Marijke E Segers, Sarah Lebeer. Towards a better understanding of Lactobacillus rhamnosus GG – host interactions. 2014
※【IWJ】Image Works Japan・Pangaea・buritora・buritora・MIKO/PIXTA(ピクスタ)

【おすすめ記事】
【PR】週7時間の運動は欠かさない!50代「トライアスロンコーチ」が、健康のために続けていることとは?
【食事術】40代・50代こそ“腸内ケア”すべき!? 夫婦で取り入れたい「善玉菌を増やす習慣」
【健康法】「ぎっくり腰がきっかけで…」栄養専門医が実践する“健康法”とは
【免疫】新しい環境で体調崩してない?副交感神経を優位にする「3つのポイント」とは
【サプリ】「自分に合ったサプリって…?」フォロワー10万人超の薬剤師が教える、サプリの注意点
【メンタル】「何をやってもうまくいかない…」現役心理士が教える、“鬱”から身を守る方法