夕食に“コンビニおにぎり”ってOKなの!? 管理栄養士が教える、夜遅い時の食事選び

仕事で遅くなった日は、夕食をコンビニで済ませてしまう人も多いことでしょう。特に最近は、外食しづらい雰囲気もあるのでコンビニの利用機会が増えがちだと思います。

そこで今回は管理栄養士の中村りえさんに、夜遅くなった時のコンビニでの食品選びのポイントを教えていただきました。

コンビニの食品でも健康的な食事はできる?

画像:EKAKI/PIXTA(ピクスタ)

——コンビニの食品でも健康的な食事はできるのでしょうか?

コンビニでも“食べ方”や“組み合わせ”を気にしていただければ、健康的な食事ができると個人的には考えています。でも、食べ過ぎや、寝る前の甘いモノは避けたほうがいいでしょう。特にショートケーキやシュークリームなどといった脂肪分が多い食べ物は、消化に時間がかかると一般的にいわれています。こういった食べ物は、もし食べるのであれば昼間に食べることをおすすめしています。

——そもそも夜遅くに食事をするのはカラダによくないのでしょうか?

夜遅くに食事をして、胃腸の中に食べ物が入った状態で眠ると、眠りが浅くなる可能性があります。厚生労働省のe-ヘルスネットでも「就寝に近い時間の夕食や夜食は、消化活動が睡眠を妨げるので出来るだけ控えましょう。体内時計を整えるためにも規則正しい食事が望まれます」(※1)と説明されています。

ただ、仕事の関係で、遅い時間に食べてしまう場合もあると思います。消化でカラダに負担をかけないためにも、量や食べるものなどを調整しておくとよいでしょう。夕食は、いい睡眠につなげるための食事と考えるのがいいですね。

夜ごはんが遅くなった時の、コンビニ飯の選び方は?

画像:Mills/PIXTA(ピクスタ)

——夜遅くなった時は、どういったコンビニ食品を選ぶとよいのでしょうか。

疲れていてなるべく早く寝たいなら、脂肪分の多い豚肉や牛肉よりも、脂肪分の少ない鶏肉やお魚がおすすめです。コンビニの商品だと“サラダチキン”などが便利ですよね。ですが、毎日“サラダチキン”を食べればよいというわけではなく、日々食べる食品の種類を変えて、バランスよく食べることが一番です。

また、コンビニではサラダの種類も充実しているので、野菜も一緒に取り入れたほうがいいですね。野菜に含まれている食物繊維には、血糖値を上げにくくしたり、血液中のコレステロール濃度も低下させたりといった働きがあるといわれています。ドレッシングはどれを使ってもいいですが、よりカラダへの負担を少なくしたい方はノンオイルドレッシングがおすすめです。

——炭水化物は食べてもいいのでしょうか?

炭水化物は適量であれば食べてもOKです。ダイエットや太りにくいという面では、パンよりもお米の方をおすすめしています。というのも、お米は冷たい状態で食べると難消化でんぷんが増えるという研究結果があり(※2)、厚生労働省のe-ヘルスネットでは「米飯の難消化性でんぷんが食物繊維と同様の働きをします」(※3)と述べられています。コンビニのおにぎりは冷たい状態でもおいしく食べられるものが多いですし、ダイエットの観点からはおすすめです。また、白米よりも玄米やもち麦入りのごはんのほうが食物繊維が多いので、選んでみるといいでしょう。

——逆に避けたほうがいい食品はありますか?

特別避けたほうがいい食品はないと考えていますが、食べるタイミングと量はやはり気をつけてほしいポイントです。特に、揚げ物は脂肪分が多くなりがちなので、毎食選ぶのはおすすめできませんね。

【関連記事】コンビニで“健康的な食事”が摂れる!? 管理栄養士に聞いた「選び方」のポイント

いかがでしたか? 今回教えていただいたポイントをぜひ参考にしてみてくださいね。

※本サイトにおける医師および各専門家による情報提供は、診断行為や治療に代わるものではなく、正確性や有効性を保証するものでもありません。また、医学の進歩により、常に最新の情報とは限りません。個別の症状について診断・治療を求める場合は、医師より適切な診断と治療を受けてください。

<プロフィール>
管理栄養士/米粉料理家・中村りえ

「暮らしをちょっと楽しくするおやつ」をモットーに子どもと楽しめるカラダに優しいおやつレシピを発信中。食品メーカーでの商品開発、レシピ開発、コラム執筆など、多岐にわたり活動中。

【SNS】Instagram:@rie.nakamura0707/公式サイト:『米粉おやつLabo』

画像:中村りえ

【画像・参考】
※1 樋口 重和. 快眠と生活習慣 – e-ヘルスネット(厚生労働省)最終閲覧年2021
※2 亀井文ほか. 炊飯時の加水量および米飯の保存温度と時間の違いによるレジスタントスターチ量の変化について. 62回大会(社)日本家政学会
※3 羽場 亮太. 便秘と食事 – e-ヘルスネット(厚生労働省)最終閲覧年2021
※プラナ・EKAKI・Mills/PIXTA(ピクスタ))

【おすすめ記事】
【PR】週7時間の運動は欠かさない!50代「トライアスロンコーチ」が、健康のために続けていることとは?
【食事術】40代・50代こそ“腸内ケア”すべき!? 夫婦で取り入れたい「善玉菌を増やす習慣」
【健康法】「ぎっくり腰がきっかけで…」栄養専門医が実践する“健康法”とは
【免疫】新しい環境で体調崩してない?副交感神経を優位にする「3つのポイント」とは
【サプリ】「自分に合ったサプリって…?」フォロワー10万人超の薬剤師が教える、サプリの注意点
【メンタル】「何をやってもうまくいかない…」現役心理士が教える、“鬱”から身を守る方法