40代女性が“運動なし”で「9か月で-35kg」!かまいたち・山内も試したメソッドとは?

ダイエットに取り組むにあたって、食生活を見直す人も多くいるのではないでしょうか。最近はダイエット食事術として“断糖高脂質食”というメソッドが話題になっているのだとか。

断糖高脂質食とは、提唱者である金森重樹さんいわく「糖質を極力排除して、代わりに脂質をたっぷりと摂取するダイエット法」とのこと。「糖質の摂取量をほとんどゼロにすると、それまで糖質ベースの代謝のメカニズムが、脂質ベースの代謝に置き換わっていくという考え方です。最近ではかまいたちの山内さんもこの“断糖高脂質食”で、ダイエットに成功していますね」と金森さんはいいます。

今回は、そんな断糖高脂質食を実践して9か月で−35kgを達成した、“断糖高脂質料理研究家”の大杉弓さんに、カラダの変化や食事法、おすすめレシピを聞いてみました!

【関連記事】【PR】45歳・焚き火マイスターが、健康のために取り入れたい新習慣とは?

 

1食300円でもできる!? 「断糖高脂質食」で起きたカラダの変化も告白

画像:READY

——糖質を食べずに脂質を摂取する“断糖高脂質食”は、コストが掛かりそう&手間がかかるイメージがあるのですが、手軽に作れるレシピはあるのでしょうか?

“断糖高脂質食”は「お金をかけないとできない」といわれていることが多いのですが、実際はコスパにこだわりながら、あるものだけで作ることができると考えています。メニューによっては1食300円程度で作ることもでき、高脂質で良質なたんぱく質を摂ることが可能になるでしょう。

私の場合は、体質に合っていたのか、“断糖高脂質食”を初めて4日くらいで、3~4kgの減量に成功しました。いきなり痩せたのに驚いたのですが、そのまま“断糖高脂質食”を続けていたら、運動なしで、9か月で合計35kgの減量することができました。

私は、“断糖高脂質”のレシピを色々と試していて、いかにして美味しく楽しくダイエットできるかを日々研究しています。たとえば、肉や魚を長期的に保存するコツを実践したり、いわしやかきを塩につけて調味料にしたりするなどを試しています。コストがかかると思われがちですが、工夫することによって安く済ませることも可能で、1食300円程度で収めることもできますよ。

——大杉夫妻の1日の食事のレシピ例を教えて下さい

私たちは、金森さんがおすすめしている“1日1.5食”の生活を送っています。朝は紅茶をいれて、バターと生クリームを添えます。

1食分であるメインの昼食に関しては、揚げたラードやステーキ、オムレツなどを食べてたんぱく質を摂っています。早食いだと胃に負担がかかってしまうと思っているので、2時間くらいかけてゆっくり、1日1回の食事を大切にしています。

夕食は基本的には食べておらず、もしお腹が空いたら、ラードで作った自家製生ハムと紅茶で脂質の補給をしています。

手軽な「断糖高脂質食」おすすめレシピ4選!

——おすすめの手軽な断糖高脂質食のレシピを教えて下さい。作り方のコツやレシピのポイントも教えてください

私がおすすめする手軽な断糖高脂質食は次の4品です。

(1)もずく入りオムレツ

画像:READY

まずは、ラードを使ったもずく入りオムレツです。ラードを敷いたフライパンにもずくや豚肉、卵2個などの材料を入れて混ぜ、焼くだけで作ることができます。

(2)アンダカシー

画像:READY

“アンダカシー”とは沖縄料理で、豚の皮をラードで揚げたものを指します。私は、1日300~400gくらいの豚の背脂を摂取しています。アンダカシーは脂質も手軽にとれるのでよく食べていますよ。

(3)牛脂のグラッパ漬け焼き

画像:READY

3品目はグラスフェット(牧草のみで育てた)牛脂のグラッパ漬け焼きです。こちらは、牛脂を“グラッパ”というお酒に漬け込んで焼いています。

焼くだけではなくて、漬け込む一工夫をするだけでとてもおいしく仕上がります。見た目もかなりおしゃれになりますよ。

ただ、グラッパには色付けでカラメル(糖類)が入っているものもあるので、使うときには注意するといいでしょう。

(4)鱒のソテー

画像:READY

4品目は、鱒のソテーです。ラードで鱒を蒸し焼きにした後、鱒を取り除いたフライパンにバターや生クリームを入れてソースを作ります。最後に、お皿に移した鱒にソースをかけて完成です。

上で挙げた4品以外にも、イワシをラードで蒸し焼きにしたもの、エビや豆あじの素揚げ、などがおすすめですよ。

【関連記事】かまいたち・山内も実践!提唱者も2カ月で30㎏痩せた“断糖高脂質食”って?

 

いかがでしたか? 工夫次第で断糖高脂質食は、安く手軽に作れるとあって、ダイエットと節約も両立できそうですね。ぜひ参考にしてみてください。

※本サイトにおける医師および各専門家による情報提供は、診断行為や治療に代わるものではなく、正確性や有効性を保証するものでもありません。また、医学の進歩により、常に最新の情報とは限りません。個別の症状について診断・治療を求める場合は、医師より適切な診断と治療を受けてください。

<プロフィール>
金森重樹

画像:READY

東大法学部卒。行政書士として脱サラして、現在は不動産、建築、介護事業などの年商100億円の企業グループオーナー。20代のころから90kg近くある体型だったが、“断糖高脂質食”を実践して、2か月で58kgまで減量。現在は、そのダイエット法を普及すべく、様々なメディアやSNSにて活躍中。
SNS】Twitter@ShigekiKanamori
【著書】運動ゼロ空腹ゼロでもみるみる痩せる ガチ速“脂”ダイエット
ガチ速“脂“ダイエット 極上レシピ大全

<プロフィール>
大杉弓
イタリア出身、断糖高脂質に特化した“断糖高脂質料理研究家”。18歳で起業し、断糖高脂質食を通して7か月で30kgの減量に成功。提唱者である金森重樹氏監修のもと、断糖高脂質による体質改善道場や食材、調味料を開発中。
【SNS】Twitter:@YumiOsugi

【おすすめ記事】
【PR】週7時間の運動は欠かさない!50代「トライアスロンコーチ」が、健康のために続けていることとは?
【食事術】40代・50代こそ“腸内ケア”すべき!? 夫婦で取り入れたい「善玉菌を増やす習慣」
【健康法】「ぎっくり腰がきっかけで…」栄養専門医が実践する“健康法”とは
【免疫】新しい環境で体調崩してない?副交感神経を優位にする「3つのポイント」とは
【サプリ】「自分に合ったサプリって…?」フォロワー10万人超の薬剤師が教える、サプリの注意点
【メンタル】「何をやってもうまくいかない…」現役心理士が教える、“鬱”から身を守る方法