“栄養ドリンク”って飲みがちだけど…!? 医師が「飲まない」ドリンク3選

カラダのためを思い、「これは食べない」「飲まない」と決めている人もいるのではないでしょうか? せっかくならイメージだけで善し悪しを決めるのではなく、しっかりと根拠を知り、納得した上で決めたいものですよね。

そこで今回は、医師の益田裕介先生に、健康のために摂らないものを教えてもらいました!

【関連記事】【PR】38歳・ゴルフのティーチングプロが「40代を迎えることに不安がない」理由とは?

 

炭酸水も気をつけるべき?医師が口にしない3つの飲食物

画像:Brian A Jackson/Shutterstock

——益田先生が口にしないと決めている、食べ物や飲み物はありますか?

(1)アルコール飲料

まずは、アルコール飲料です。アルコールは睡眠の質を下げると一般的にいわれています。他にも、様々な病気への関連性があるといわれていますので、できるだけ飲まないほうがいいでしょう。

私自身も毎晩飲んでいたので飲みたくなる気持ちは分かるのですが、いろいろな報告を見ると、“やめる”、もしくは“減らす”ほうが合理的なように私は思っています。

(2)エナジードリンク

エナジードリンクや栄養ドリンクなどで、カフェインが大量に入ったものは避けています。カフェインは交感神経系を刺激する作用があるといわれているので、ある意味、元気を前借りするような要素の方が大きいように思います。そのため、ここぞというとき以外は飲むことを避けるようにしています。

疲れたら飲食物で回復しようと考えるのではなく、カラダを休ませるのが結果的に一番の近道かなと思います。

(3)炭酸水

3つ目は、炭酸水です。「カロリーゼロだし、健康にも悪くないだろう」と水代わりに飲む方もいると思いますが、やはり“酸”なので、歯の表面のエナメル質が溶けて虫歯になりやすくなると思われます。

ポテトチップスは食べるのをできるだけ避けている?

画像:PHOTOCREO Michal Bednarek/Shutterstock

——糖類ゼロなどの食品がよく出ていますが、そういった食品を益田先生は食べますか?

特に気にせず飲んだり食べたりします。

人工甘味料に関して、口の中がベタベタする感じがしたり、私の体質的に下痢になりやすかったりするので、毎日飲むということはないですが、あまり気にせず飲んでいます。

——一方、食べるのを避けているお菓子などはありますか?

ポテトチップスやチョコクッキーについては、ついつい食べすぎるので、避けるようにしています。

仕事帰りにコンビニに寄ると買いたくなってしまうので、「夜の帰り道にコンビニに寄らない」と決めるだけで、だいぶ我慢ができるようになりました。

ポテトチップスが健康に悪いとよくいわれているのは、添加物よりも、油分と塩分が多量に入っているのが原因だと私は考えています。

【関連記事】就寝前に水を飲みがちだけど…!? 医師が熟睡するために「絶対にしないNG習慣」

 

いかがでしたか? この機会に普段の食生活を見直してみてはいかがでしょうか?

<プロフィール>
益田裕介
早稲田メンタルクリニック・院長。防衛医大卒業後、自衛隊病院などを経て開業。精神保健指定医、精神科専門医・指導医として“対話”を重視した治療を追求し、YouTubeチャンネル『精神科医がこころの病気を解説するCh』でもメンタルの不安に寄り添った情報を発信している。
Twitter:@wasedamental
YouTube:『精神科医がこころの病気を解説するCh

【画像・参考】
※New Africa・Brian A Jackson・PHOTOCREO Michal Bednarek/Shutterstock

【おすすめ記事】
【PR】週7時間の運動は欠かさない!50代「トライアスロンコーチ」が、健康のために続けていることとは?
【食事術】40代・50代こそ“腸内ケア”すべき!? 夫婦で取り入れたい「善玉菌を増やす習慣」
【健康法】「ぎっくり腰がきっかけで…」栄養専門医が実践する“健康法”とは
【免疫】新しい環境で体調崩してない?副交感神経を優位にする「3つのポイント」とは
【サプリ】「自分に合ったサプリって…?」フォロワー10万人超の薬剤師が教える、サプリの注意点
【メンタル】「何をやってもうまくいかない…」現役心理士が教える、“鬱”から身を守る方法