医師が“免疫”のために摂っている栄養素とは?「ビタミンDと…」

サプリメントは日常で摂取できない成分をサポートしてくれます。しかし、普段からサプリメントを飲み慣れていないと、その役割や適切な飲み方についてあまり理解できていないかもしれません。

今回は、自身もサプリメントを飲んでいて、栄養に関する知識も豊富な、日本機能性医学研究所所長・斎藤糧三先生に話を伺いました。

【関連記事】【PR】人気ヨガ講師が続けている“健康習慣”とは?「サプリメントって…」

 

免疫力を維持するサプリの必要性とは?

画像:Yulia Furman/Shutterstock

──免疫力を維持するためにサプリメントを飲む必要があるのはなぜですか?

本来備わっている免疫システムのサポートするために、ビタミンDとビタミンAが必要だと考えていて、私もサプリメントで摂るようにしています。

厚生労働省の『eJIM』では、ビタミンDについて「神経が脳と身体のあらゆる部位との間のメッセージを伝達するため、免疫系が体内に侵入してくる細菌やウイルスを撃退するために不可欠です」(※1)とされています。日本人の多くが、ビタミンDが不足しがち。食事から必要な量を補うのは難しいので、サプリメントで摂取することをおすすめします。

公益財団法人長寿化学振興財団の『健康長寿ネット』では、「ビタミンAの主要な成分であるレチノールには、目や皮膚の粘膜を健康に保ったり、抵抗力を強めたりする働きがあります」(※2)と述べられていますので、積極的に摂取することをおすすめします。

また、健康を維持するためにも、乳酸菌を摂ることもおすすめです。そして、乳酸菌を摂取するのはもちろん重要ですが、腸内を乳酸菌が住みやすい環境にすることも必要になるでしょう。

そのために重要なのは、『プレバイオティクス』といわれているオリゴ糖や食物繊維です。『プレバイオティクス』は善玉菌を増やす手助けをして、野菜や果物などに多く含まれているといわれています。

効率よく乳酸菌を摂取するために、乳酸菌が入ったサプリメントを利用してもいいでしょう。『プレバイオティクス』のオリゴ糖は、特定保健用食品などで販売されていたりもしますので、こういったものを利用してみてもいいですね。

サプリメントのおすすめの飲み方は?

画像:Antonio Guillem/Shutterstock

──サプリメントは1日につき何種類までの服用が理想的でしょうか?

ビタミンやミネラルなどは、厚生労働省の『日本人の食事摂取基準』(※3)を参考に摂取量を超えないようにすると良いでしょう。その他の栄養素については、各メーカーの策定に準じたほうがよいと考えます。

──サプリメントを服用する際に注意した方が良い事はありますか?

サプリメントは健康食品のため、一般的に飲む時間の指示がされているわけではありません。私の場合は、脂溶性ビタミン(ビタミンAやビタミンE)のサプリメントは、消化酵素の働きが強くなる食後に摂るようにしています。

──してはいけないサプリメントの飲み方はありますか?

食事と一緒に摂った方が、吸収が良くなると私は考えています。食中や食後がおすすめですが、 サプリの成分によっては、飲むタイミングでサプリの働きが薄まってしまうものもあるので注意しましょう。

編集部おすすめのサプリメント&ドリンク

これらをふまえて、カラダをサポートするサプリメント&ドリンクをご紹介します。ぜひ、生活の中で取り入れてみてはいかがでしょうか。

(1)スーパーグリーンズ カプセル

画像:サンフード

サンフードの『スーパーグリーンズ カプセル』(4,320円・税込み)は乳酸菌だけではなく、19種類の栄養素やミネラルが凝縮されたサプリメントです。

(2)BODY AURA

画像:新日本製薬

新日本製薬の『BODY AURA』(6,480円・税込)には1カプセルあたりに乳酸菌の配合量は400億個(製造時)で、生きたまま腸に届いて1週間もとどまるのだそうです。

【参考】『BODY AURA』の成分について

 

(3)プロエックス

画像:DNS

ⅮNSの『プロエックス』(388円・税込)は、1本でホエイプロテインが約30gも摂取できます。ダイエットやトレーニングをしている人にもおすすめといえるでしょう。

【関連記事】夜にお腹が空いても“我慢”はNG!? 薬剤師が健康のために「避けている習慣」とは?

 

医師おすすめのサプリメントの取り入れ方についてご紹介しました。サプリメントに興味がある人や、実際に導入を検討している人は、参考にしてみるといいかもしれないですね。

※本サイトにおける医師および各専門家による情報提供は、診断行為や治療に代わるものではなく、正確性や有効性を保証するものでもありません。また、医学の進歩により、常に最新の情報とは限りません。個別の症状について診断・治療を求める場合は、医師より適切な診断と治療を受けてください。

<プロフィール>
斎藤糧三
1973年生まれ。1998年、日本医科大学卒業。その後、美容皮膚科治療、栄養療法、点滴療法、ホルモン療法を統合したトータルアンチエイジング理論を確立。2008年、機能性医学の普及と研究を推進するため『日本機能性医学研究所』を設立。2013年、「食で日本を健康にします」をモットーに、「一般社団法人日本ファンクショナルダイエット協会」を設立。2017年、スーパーフードとしての牧草牛の普及を目指し、日本初の牧草牛専門精肉店「Saito Farm 麻布十番」をオープン。2018年、ソフトウエア医療機器の開発企業として株式会社「ライフクエスト」を設立。

【画像・参考】
※1 厚生労働省JIM | ビタミンD | サプリメント・ビタミン・ミネラル | 一般の方へ | 「統合医療」情報発信サイト
※2 ビタミンAの働きと1日の摂取量 | 健康長寿ネット
※3日本人の食事摂取基準 |厚生労働省 
※Rostislav_Sedlacek・ Yulia Furman・Antonio Guillem/Shutterstock
※サンフード・新日本製薬・DNS

【おすすめ記事】
【PR】週7時間の運動は欠かさない!50代「トライアスロンコーチ」が、健康のために続けていることとは?
【食事術】40代・50代こそ“腸内ケア”すべき!? 夫婦で取り入れたい「善玉菌を増やす習慣」
【健康法】「ぎっくり腰がきっかけで…」栄養専門医が実践する“健康法”とは
【免疫】新しい環境で体調崩してない?副交感神経を優位にする「3つのポイント」とは
【サプリ】「自分に合ったサプリって…?」フォロワー10万人超の薬剤師が教える、サプリの注意点
【メンタル】「何をやってもうまくいかない…」現役心理士が教える、“鬱”から身を守る方法