New

6時間睡眠には“想定外”のデメリットが…!?「注意力が低下したり疲労感が…」

毎日が忙しいせいで、ゆっくり眠れないという人は多いかもしれません。6時間睡眠で十分だという意見も聞きますが、それは正しいのでしょうか?

そこで今回は、斎藤糧三先生と中村真樹の2人に、6時間睡眠が与える影響についてお聞きしました。睡眠時間に悩んでいる人や、実際に6時間睡眠が習慣になっている人は、必見の内容となっています。

【関連記事】【PR】人気トレーナーが、健康のために取り入れている習慣とは?「サプリとストレッチで…」

 

目次

6時間睡眠が与える健康へのリスク
(1)6時間睡眠では少ない
(2)睡眠不足は様々な病気のリスクになる?
運動パフォーマンスにも影響
(3)注意力低下や疲れが残る
(4)筋肥大にも影響する?

6時間睡眠が与える健康へのリスク

画像:fizkes/Shutterstock
画像:fizkes/Shutterstock

(1)6時間睡眠では少ない

6時間睡眠でも健康に問題はないのでしょうか。この点に関して斎藤先生は、「6時間睡眠は少ないといえるでしょう。睡眠不足が続くと“睡眠負債”となって、健康や免疫にも悪影響を及ぼしてしまう可能性があるので注意が必要です」といいます。

厚生労働省の『e-ヘルスネット』にも「睡眠問題を放置すると日中の心身の調子にも支障をもたらします」(※1)と説明されています。

6時間睡眠で十分だと考えないようにしたほうが良いかもしれませんね。

(2)睡眠不足は様々な病気のリスクになる?

中村先生は「病気のリスクについては、6時間未満の睡眠を続けることで、糖尿病は約1.5〜2倍、脳卒中は約2.1倍、心筋梗塞は約1.3〜2倍、乳ガンは1.6倍(※2)、胃がんや膵がんは約2倍に上がると報告(※3)されています」と説明します。

病気のリスクを上げないためにも、6時間未満の睡眠は避けるようにしたいですね。

運動パフォーマンスにも影響

 画像:Rocksweeper/Shutterstock
画像:Rocksweeper/Shutterstock

(3)注意力低下や疲れが残る

中村先生は、睡眠不足が与えるカラダへの影響として「注意力が低下したり疲労感が残ったりすることが、スポーツのパフォーマンス低下につながる可能性はあるでしょう」と指摘します。翌日を快適に過ごすためにも注意したほうが良さそうですね。

(4)筋肥大にも影響する?

また、「寝る時刻というよりは、睡眠時間の影響はあるようです。6時間未満の睡眠だと、7時間以上の睡眠と比べて筋力低下が目立つという報告(※4)があります」とのことです。筋力の低下を予防するためにも、しっかりと睡眠時間を確保することが大切ですね。

【関連記事】医師が教える“寝る前に絶対NGなこと”3選!「音楽をかけるのは…」

 

いかがでしたか? 今回は、斎藤先生、中村先生に6時間睡眠が与えるカラダへの影響についてお聞きしました。参考にしてみるといいかもしれないですね。

※本サイトにおける医師および各専門家による情報提供は、診断行為や治療に代わるものではなく、正確性や有効性を保証するものでもありません。また、医学の進歩により、常に最新の情報とは限りません。個別の症状について診断・治療を求める場合は、医師より適切な診断と治療を受けてください。

<プロフィール>
斎藤糧三
1973年生まれ。1998年、日本医科大学卒業。その後、美容皮膚科治療、栄養療法、点滴療法、ホルモン療法を統合したトータルアンチエイジング理論を確立。2008年、機能性医学の普及と研究を推進するため『日本機能性医学研究所』を設立。2013年、「食で日本を健康にします」をモットーに、「一般社団法人日本ファンクショナルダイエット協会」を設立。2017年、スーパーフードとしての牧草牛の普及を目指し、日本初の牧草牛専門精肉店「Saito Farm 麻布十番」をオープン。2018年、ソフトウエア医療機器の開発企業として株式会社「ライフクエスト」を設立。

<プロフィール>
中村真樹
青山・表参道睡眠ストレスクリニック院長。日本睡眠学会専門医。東北大学医学部卒、東北大学大学院修了(医学博士)、東北大学病院精神科で助教、外来医長を務める。2008年、睡眠総合ケアクリニック代々木に入職。2012年から同病院の院長を務める。2017年6月青山・表参道睡眠ストレスクリニックを開院し、院長に就任。
青山・表参道 睡眠ストレスクリニック

【画像・参考】
※1 健やかな眠りの意義 | e-ヘルスネット(厚生労働省) 
※2 Sleep duration and the risk of breast cancer: the Ohsaki Cohort Study – BJC
※3 Sleep duration and risk of overall and 22 site-specific cancers: A Mendelian randomization study – Wiley Online Library
※4 Relationship between sleep and muscle strength among Chinese university students: a cross-sectional study – NIH
※leungchopan・fizkes・Rocksweeper/Shutterstock

【おすすめ記事】
【PR】週7時間の運動は欠かさない!50代「トライアスロンコーチ」が、健康のために続けていることとは?
【食事術】40代・50代こそ“腸内ケア”すべき!? 夫婦で取り入れたい「善玉菌を増やす習慣」
【健康法】「ぎっくり腰がきっかけで…」栄養専門医が実践する“健康法”とは
【免疫】新しい環境で体調崩してない?副交感神経を優位にする「3つのポイント」とは
【サプリ】「自分に合ったサプリって…?」フォロワー10万人超の薬剤師が教える、サプリの注意点
【メンタル】「何をやってもうまくいかない…」現役心理士が教える、“鬱”から身を守る方法