”就寝前のほぐし”が重要!トレーナー直伝「快眠ストレッチ」4選

なかなか眠れない、寝ても夜中に目が覚める、寝たのに疲れが取れないという人は意外に多いのではないでしょうか。

そこで、今回は、快眠につながるおすすめストレッチをパーソナルトレーナーの柴雅仁さんに教えてもらいました。ぜひ試してみてくださいね。

【関連記事】【PR】38歳・ゴルフのティーチングプロが「40代を迎えることに不安がない」理由とは?

 

寝る前専用ストレッチ4選!

(1)膝裏ほぐし

画像:柴雅仁セルフケアChannel/YouTube

親指以外の指4本で膝裏をほぐしていきます。この体勢がきつい場合は壁などに寄りかかってほぐしたり、膝裏が痛い方はやさしくさするだけでもOK。

画像:柴雅仁セルフケアChannel/YouTube

膝裏をほぐすことで、ふくらはぎの筋肉もほぐせて、リフレッシュしやすくなるとのこと。

(2)左右膝倒し

画像:柴雅仁セルフケアChannel/YouTube

仰向けになり、膝を立てたら股関節部分に手を当て左右に膝を倒していきましょう。腰の筋肉が伸ばされていくのを感じてください。

画像:柴雅仁セルフケアChannel/YouTube

股関節に手を当て、左右にパタパタと倒していきましょう。

(3)お尻ストレッチ

画像:柴雅仁セルフケアChannel/YouTube

股関節に手を当てたまま膝に足を乗せたら、立てた方の裏ももを抱えて胸に近づけていきましょう。余裕のある方は、裏ももではなく脛を抱えてみてください。

画像:柴雅仁セルフケアChannel/YouTube

デスクワーク、歩き疲れの方はお尻の筋肉をほぐせますよ。また、立ち仕事で腰が痛い方などにもおすすめのストレッチです。片方を伸ばし終えたら、逆側も行ってください。

(4)腹式呼吸

画像:柴雅仁セルフケアChannel/YouTube

最後は腹式呼吸でカラダを整えましょう。おへそから指4本下の下腹部に両手を添えたら、その部分を膨らますように腹式呼吸をします。

画像:柴雅仁セルフケアChannel/YouTube

ポイントは、舌を上顎にあてて鼻呼吸をすることです。深い呼吸をすることで、リフレッシュできるでしょう。

【関連記事】就寝前のほぐし”が大事…!? 医師が熟睡のために「絶対にしない」3つの習慣とは

 

いかがでしたか? 寝付きが悪い、眠りが浅い、カラダが重いと感じている方には、ぜひ試してほしいストレッチです。今日の夜から早速トライしてみては?

<プロフィール>
柴雅仁
治療家・パーソナルトレーナー。「治療+運動」の観点から施術を行う『SPTパーソナルトレーニングサロン』の代表を務める。オンラインレッスンも実施し、簡単にできるセルフケア法やカラダの知識・使い方を発信している。
Twitter:@PT_shiba

【画像・参考】
※柴雅仁セルフケアChannel/YouTube
※Africa Studio/ PIXTA(ピクスタ)

【おすすめ記事】
【PR】週7時間の運動は欠かさない!50代「トライアスロンコーチ」が、健康のために続けていることとは?
【食事術】40代・50代こそ“腸内ケア”すべき!? 夫婦で取り入れたい「善玉菌を増やす習慣」
【健康法】「ぎっくり腰がきっかけで…」栄養専門医が実践する“健康法”とは
【免疫】新しい環境で体調崩してない?副交感神経を優位にする「3つのポイント」とは
【サプリ】「自分に合ったサプリって…?」フォロワー10万人超の薬剤師が教える、サプリの注意点
【メンタル】「何をやってもうまくいかない…」現役心理士が教える、“鬱”から身を守る方法