寝る前に“水”を飲みがちだけど…!? 医師2人が教える「NGな睡眠習慣」5選

睡眠の質を高めるために、何か取り組んでいる方も多いかもしれません。自分では正しいと思って実践していても、実は間違った方法している場合もあることでしょう。

そこで今回は、現役医師である、中村真樹先生と石井道人先生の2人に、寝る前の間違った習慣について伺いました。いい睡眠をとりたいと考えている人は、必見の内容となっています。

<目次>

  1. 「睡眠時間」の考え方とは
    (1)「全員が6~7時間睡眠がベスト」は間違い?
    (2)「長時間睡眠で体力回復」は間違い?
  2. 間違った睡眠習慣の理解
    (3)「お酒を飲むと寝付きが良くなる」は間違い?
    (4)水を飲みすぎないこと
    (5)安眠枕が必ずしもいいわけではない
【関連記事】【PR】38歳・ゴルフのティーチングプロが「40代を迎えることに不安がない」理由とは?

 

「睡眠時間」の考え方とは

画像:Roman Samborskyi/Shutterstock

(1)「全員が6~7時間睡眠がベスト」は間違い?

「6~7時間睡眠」が適度な睡眠時間だと考える方も多いのではないでしょうか。しかし、中村先生いわく、「成人に必要な睡眠時間は一般的に7〜9時間とされています」とのこと。

ただ、「人によって最適な睡眠時間がある」と述べ、「食事量や身長・体重に個人差があるように、必要とする睡眠時間にも多少は個人差があるでしょう」と中村先生は説明します。

また、自分が必要とする睡眠時間を調べる方法について、「長期の休みのときに夜ふかしせず早めに就寝し、アラームなしで数日過ごして、自然に目覚める睡眠時間をメモしておきましょう。それが自分の“最適な睡眠時間”といえるでしょう」とお話しいただきました。

(2)「長時間睡眠で体力回復」は間違い?

中村先生は、「長時間睡眠もあまりオススメできない」とも話します。

理由として「長時間睡眠を行うとエネルギーの代謝が悪くなることもあります」と語り、「また、2度寝や3度寝をしてしまうと、起きたあとにも眠気が残ることも。必要以上に長く寝てしまうと、夜の眠りの質が悪くなって、途中で目覚めやすくなります」と説明します。そのため、適度な睡眠時間をとることを心がけるとよさそうです。

「睡眠習慣」の考え方とは

画像:Iuliia Pilipeichenko/Shutterstock

(3)「お酒を飲むと寝付きが良くなる」は間違い?

寝る前の晩酌がつい習慣化されている方も多いかもしれません。しかし、寝る前にお酒を飲むと、「不自然な質の悪い眠りにつながってしまうでしょう」と中村先生は説明します。

また、「夜中に眠りが不安定になって途中で目覚めやすくなります。毎晩のようにお酒を飲んで寝ることを繰り返すと、お酒を飲まなかった日に寝付きが悪くなるということも起きてしまうでしょう」と、寝酒のデメリットを指摘します。

このことから、寝る前にお酒を飲むことはできるだけ避けた方が良さそうですね。

(4)水を飲みすぎないこと

寝る前に、お水を飲んで寝る人もいるかと思います。しかし、石井先生によれば「夜間に尿意を催して起きてしまう原因になるデメリットもあるでしょう」とのこと。

さらに、「一般的に、就寝中は尿が作られる量が減るといわれているので、無理をして水分を取らなくても大丈夫だと思われます」と説明されています。

(5)安眠枕が必ずしもいいわけではない

“安眠枕”が売られているのを見たことがある人も多いでしょう。しかし、石井先生は、「人それぞれ頚椎のカーブ具合や高さなどに特徴があると思われますので、それぞれに合う枕は千差万別でしょう」といいます。

「誰かに安眠をもたらす枕が、必ずしも自分にも安眠をもたらすとは限らない」とし、「“安眠枕”などを安易に購入する」のはおすすめしないとのことです。

【関連記事】医師が教える“寝る前に絶対NGなこと”3選!「音楽をかけるのは…」

 

いかがでしたか? 今回は、中村先生、石井先生に間違った睡眠習慣についてお聞きしました。間違った習慣をしているという方は、今日からぜひ改善してみてください。

<プロフィール>
中村真樹
青山・表参道睡眠ストレスクリニック院長。日本睡眠学会専門医。東北大学医学部卒、東北大学大学院修了(医学博士)、東北大学病院精神科で助教、外来医長を務める。2008年、睡眠総合ケアクリニック代々木に入職。2012年から同病院の院長を務める。2017年6月青山・表参道睡眠ストレスクリニックを開院し、院長に就任。
青山・表参道 睡眠ストレスクリニック

<プロフィール>
石井道人
2007年北里大学医学部卒業後、東京都立多摩総合医療センターにて研修後、ERに専従。北海道喜茂別町で僻地・家庭医療に従事したのちに、現在は横浜市青葉区の『ファミリークリニックあざみ野』の院長を務めている。

【画像・参考】
※Andrey_Popov・Roman Samborskyi・Stock-Asso/Shutterstock

【おすすめ記事】
【PR】週7時間の運動は欠かさない!50代「トライアスロンコーチ」が、健康のために続けていることとは?
【食事術】40代・50代こそ“腸内ケア”すべき!? 夫婦で取り入れたい「善玉菌を増やす習慣」
【健康法】「ぎっくり腰がきっかけで…」栄養専門医が実践する“健康法”とは
【免疫】新しい環境で体調崩してない?副交感神経を優位にする「3つのポイント」とは
【サプリ】「自分に合ったサプリって…?」フォロワー10万人超の薬剤師が教える、サプリの注意点
【メンタル】「何をやってもうまくいかない…」現役心理士が教える、“鬱”から身を守る方法