夫婦間で「貢献度」にずれがある!? 大掃除で“やる気が出る”言葉とは

年の瀬が近づき2020年も終わろうとしています。すっきりとした気持ちで来年を迎えるためにも、年末は大掃除に励む家庭が多いのではないでしょうか?

株式会社グラフィコが実施した大掃除に関するアンケートによれば、そんな大掃除での行動が“夫婦の絆”にも影響するのではないかという結果が出ています。調査結果をもとに、家族の一大イベントを通してお互いの絆を深めるためにもぜひチェックしてみてください。

「大掃除の貢献度」夫婦間で認識のズレ

画像:株式会社グラフィコ

株式会社グラフィコは2020年11月20日~11月23日の4日間、全国の20歳~69歳の既婚男女840人を対象に大掃除についてのアンケートを実施しました。

まず「夫婦の大掃除貢献度」について、2人合わせて10点になるように点数付けしてもらうとこのような結果となりました。夫はおよそ「夫:妻」=「5:5」であるのに対し妻は「夫:妻」=「3:7」で自分の方が負担しているという割合から、夫婦間で取り組みに対する認識のズレがあると分かります。

結婚10年未満の夫婦が一番ケンカしている!?

画像:株式会社グラフィコ

昨年(2019年)末の大掃除で夫婦ゲンカをしたか、ご夫婦におけるケンカの大きさ(大ゲンカ・中ゲンカ・小ゲンカ)を調査したアンケートも見てみましょう。

全体では、大ゲンカ~小ゲンカを合わせた「ケンカをした」が計17.8%。結婚年数別で見ると「ケンカをした」の数が最も多いのは「結婚1年~10年未満」の27.3%となっています。

結婚してから間もない夫婦だと、それぞれの大掃除のやり方に差が出てしまい夫婦ゲンカに発展する確率が高いのかもしれないですね。

配偶者に言われたら“やる気が出ない or 出る”言葉とは?

画像:株式会社グラフィコ

男性のやる気がなくなる言葉TOP3は1位が「邪魔だからどいて」、2位は「そのやり方じゃダメだよ」、3位は「まだ終わってないの?」。

女性のやる気がなくなる言葉 TOP3は1位が「普段からやっておけばよかったのに」、2位は「まだ終わってないの?」、3位は「どうせまた汚れるよ」とのこと。

男性は大掃除している時に自分の掃除のやり方を否定されるとやる気がなくなり、女性は夫の自主性のないネガティブな発言に、大掃除のやる気が削がれるようです。

画像:株式会社グラフィコ

逆に、やる気が出る言葉のランキングでは、男女ともに「ありがとう」、「キレイになったね」のふたつがランクイン。一緒に取り組むからこそ、お互いに「ありがとう」の感謝を忘れずに部屋がきれいになった達成感を共有したいですね。

このアンケートを参考にして夫婦仲良く協力して大掃除を行なってくださいね!

【参考・画像】
年末大掃除、約4割の家庭で“妻のワンオペ”のおそれ!?【男女別】配偶者に言われたらやる気が出る&やる気がなくなる言葉TOP10公開!「トヨタ式家事シェア」香村薫さんによる大掃除シェアアドバイスも! – PR TIMES
※horiphoto/PIXTA(ピクスタ)