医師3人が教える“就寝前に絶対NGなこと”5選!「音楽を流すのは…」

日々のパフォーマンスを維持していくためには、睡眠は不可欠なものでしょう。

そこで今回は、現役医師である、木村好珠先生と斎藤糧三先生、そして中村糧三先生の3人に、寝る前に注意したいNG習慣について伺いましたのでご紹介します!

<目次>

  1. 寝る前の音楽はNG!?
    (1)スマホ・パソコンの操作を避ける
    (2)寝る前の読書は紙媒体の書籍を選ぶ
    (3)消灯・静音を保つ
  2. 寝酒が習慣の人は要注意
    (4)就寝前にお酒・カフェイン飲料は飲まない
    (5)夕方以降の仮眠に注意する
【関連記事】【PR】人気ヨガ講師が続けている“健康習慣”とは?「サプリメントって…」

 

寝る前の音楽・電子書籍はNG!?

画像:Jelena Zelen/Shutterstock

(1)スマホ・パソコンの操作を避ける

なかなか眠れないとき、ついついスマホを使ってしまいがちですよね。仕事が忙しいときには、寝る直前までパソコンで作業してしまうといったこともあるかもしれません。

しかし、健康スポーツ医の木村好珠先生は、熟睡するために気をつけている習慣として「寝る前は携帯電話やパソコンの操作を避けています」と明かします。

(2)寝る前の読書は紙媒体の書籍を選ぶ

また、寝る前に読書をする人もいるでしょう。最近は電子版の書籍も登場していますが、「私は、寝る前に読書をするときは紙媒体にしています」と木村先生。スマホやタブレットの操作を避けるという意味で、寝る前はなるべく紙の書籍がいいのかもしれません。

(3)消灯・静音を保つ

寝る前、何か音を聞くなどしないと落ち着かない人もなかにはいるかもしれませんが、木村先生いわく「テレビを付けっぱなしにしたり、音楽を流したままにしたりするのはおすすめできません」とのこと。熟睡を目指すなら、光を消して静音を保ちながら寝るのが大事といえるでしょう。

寝酒が習慣の人は要注意

画像: Photoroyalty/Shutterstock

(4)就寝前にお酒・カフェイン飲料は飲まない

1日の締めくくりとして、就寝前にお酒を楽しむ人も多いのではないでしょうか。医師であり、日本機能性医学研究所所長を務める斎藤糧三先生は、「寝る前のカフェインが含まれる飲食物の摂取や飲酒は控えた方がよいでしょう」と主張。

厚生労働省の『e-ヘルスネット』でも「カフェインが含まれる飲食物は覚醒作用があります。敏感な人は就寝の5~6時間前から控えた方よいでしょう。」(※1)と説明しています。アルコールについても「明け方の睡眠を妨げる」(※1)とされています。

(5)夕方以降の仮眠に注意する

加えて、「夕方以降の仮眠・寝落ちは夜の寝付きを悪くする恐れがある」と日本睡眠学会専門医の中村真樹先生は説明します。夜に快眠を得るためにも、癖になっている人は気をつけた方がよさそうですね。

【関連記事】寝る前に“水”を飲みがちだけど…!? 医師2人が教える「NGな睡眠習慣」5選

 

いかがでしたか? 熟睡して健やかな毎日を過ごすために、医師の習慣も参考にしてみてください。

※本サイトにおける医師および各専門家による情報提供は、診断行為や治療に代わるものではなく、正確性や有効性を保証するものでもありません。また、医学の進歩により、常に最新の情報とは限りません。個別の症状について診断・治療を求める場合は、医師より適切な診断と治療を受けてください。

<プロフィール>
木村好珠
精神科医、産業医、健康スポーツ医。精神科医として常勤し、都内企業の産業医も務めている。また、東京パラリンピック ブラインドサッカー日本代表、北海道コンサドーレ札幌アカデミーのメンタルアドバイザーとしても活躍中。

【SNS】Twitter:@konomikimura
画像:READY

斎藤糧三
1973年生まれ。1998年、日本医科大学卒業。その後、美容皮膚科治療、栄養療法、点滴療法、ホルモン療法を統合したトータルアンチエイジング理論を確立。2008年、機能性医学の普及と研究を推進するため『日本機能性医学研究所』を設立。2013年、「食で日本を健康にします」をモットーに、「一般社団法人日本ファンクショナルダイエット協会」を設立。2017年、スーパーフードとしての牧草牛の普及を目指し、日本初の牧草牛専門精肉店「Saito Farm 麻布十番」をオープン。2018年、ソフトウエア医療機器の開発企業として株式会社「ライフクエスト」を設立。

中村真樹
青山・表参道睡眠ストレスクリニック院長。日本睡眠学会専門医。東北大学医学部卒、東北大学大学院修了(医学博士)、東北大学病院精神科で助教、外来医長を務める。2008年、睡眠総合ケアクリニック代々木に入職。2012年から同病院の院長を務める。2017年6月青山・表参道睡眠ストレスクリニックを開院し、院長に就任。
※青山・表参道 睡眠ストレスクリニック

【画像・参考】
※1 快眠と生活習慣– e-ヘルスネット(厚生労働省)
※SoutaBank/PIXTA(ピクスタ)
※Jelena Zelen・Photoroyalty/Shutterstock

【おすすめ記事】
【PR】週7時間の運動は欠かさない!50代「トライアスロンコーチ」が、健康のために続けていることとは?
【食事術】40代・50代こそ“腸内ケア”すべき!? 夫婦で取り入れたい「善玉菌を増やす習慣」
【健康法】「ぎっくり腰がきっかけで…」栄養専門医が実践する“健康法”とは
【免疫】新しい環境で体調崩してない?副交感神経を優位にする「3つのポイント」とは
【サプリ】「自分に合ったサプリって…?」フォロワー10万人超の薬剤師が教える、サプリの注意点
【メンタル】「何をやってもうまくいかない…」現役心理士が教える、“鬱”から身を守る方法