“6時間睡眠”って間違ってる…!? 医師が教える「ベストな睡眠時間」と免疫の関係

メディアで睡眠について取り上げられることが多々ありますが、適切な睡眠時間についてご存じですか?

今回は、日本機能性医学研究所所長・斎藤糧三先生に必要な睡眠時間や、睡眠と免疫力の関係についてお聞きしました。

【関連記事】【PR】人気ヨガ講師が続けている“健康習慣”とは?「サプリメントって…」

ベストな睡眠時間はどれくらい?

画像:Danijela Maksimovic/Shutterstock

──免疫力と「睡眠の質」とはどのような関係があるのでしょうか?

免疫を担当している白血球は、好中球とリンパ球の2種類があるといわれています。また、リンパ球はウイルスなどの異物を排除する働きを持っているといわれています。

日本予防医学協会の『健康づくりかわら版』では、「質のよい睡眠は、リンパ球の増加や細胞の成長や修復、疲労の回復、自律神経を整えることにもつながります」(※1)と説明されているとおり、免疫やリンパ球と、質の良い睡眠は関係性があると考えられます。

免疫力を維持するためにも、質の良い睡眠をとることが重要になってくるでしょう。

──適切な睡眠時間はどれくらいなのでしょうか?

適切な睡眠時間は人によって異なるでしょう。ただ、私の見解ですが、7~8時間程度の睡眠を取ることが好ましく、6時間睡眠は少ないといえるでしょう。睡眠不足が続くと“睡眠負債”となって、健康や免疫にも悪影響を及ぼしてしまう可能性があるので注意が必要です。

睡眠負債が溜まっているか調べる方法の1つとして、休日、いつも起きる時間よりも90分以上長く寝てしまう場合は、睡眠負債がたまっている可能性があるでしょう。

また、加齢によって睡眠時間が短くなってきて「睡眠が足りていないのでは?」と感じる人もいるでしょう。この場合、ホルモンの分泌が関係している可能性はあります。厚生労働省の『e-ヘルスネット』でも「高齢者では若い頃にくらべて早寝早起きになることです。これは体内時計の加齢変化によるもので、睡眠だけではなく、血圧・体温・ホルモン分泌など睡眠を支える多くの生体機能リズムが前倒しになります」(※2)と説明されています。脳が睡眠を求めているわけではないので、心配はない場合が多いでしょう。

──快眠のためにおすすめの栄養素はありますか?

私がおすすめしている栄養素としては、タンパク質、マグネシウム、ビタミンB6、グリシンなどです。

また、精神を安定させるといわれているセロトニンも重要です。セロトニンは、腸で合成されているといわれています。そのため、腸内環境を整えることも重要でしょう。

そこで就寝前に、腸内環境を整えるといわれている乳酸菌を摂ることをおすすめします。乳酸菌が入ったサプリメントを飲めば、手軽に摂取できるでしょう。

編集部おすすめ!睡眠のために摂りたいサプリメント3選

お聞きしたことを元に、編集部がおすすめする、睡眠の前に摂りたいサプリメントを紹介します。

(1)mdFood

画像:mdストア

mdストアの『mdFood』(10,800円・税込)はオリゴ糖や食物繊維など腸内環境に注目した成分が配合されています。腸内環境のメンテナンスやタンパク質が不足している方は、試してみてはいかがでしょうか。

(2)スーパーグリーンズカプセル

画像:サンフード

サンフードの『スーパーグリーンズ カプセル』(4,320円・税込)は、スピルリナ、クロレラ、小麦葉などの19種類の栄養素とミネラルを配合。酵素や乳酸菌も含まれており不足しがちな栄養素をバランスよく摂取できるでしょう。飲みやすいカプセルタイプが嬉しいですね。

(3)BODY AURA

画像:新日本製薬

新日本製薬の『BODY AURA』(6,480円・税込)には、乳酸菌『L.ラムノサス菌』と発酵小麦由来の『FWGE』が配合されています。1カプセルあたりの乳酸菌の配合量は400億個(製造時)で、生きたまま腸に届いて1週間もとどまるのだそう。1日1粒で日々の体調維持のために取り入れてみてもいいかもしれませんね。

【参考】『BODY AURA』の成分について

 

【関連記事】朝食に“タンパク質”がおすすめなワケとは?ダイエットにつながる理由を栄養士が解説 

 

今回は、睡眠と免疫力の関係についてご紹介しました。睡眠に悩んでいる人は、取り入れてみるといいかもしれないですね。

※本サイトにおける医師および各専門家による情報提供は、診断行為や治療に代わるものではなく、正確性や有効性を保証するものでもありません。また、医学の進歩により、常に最新の情報とは限りません。個別の症状について診断・治療を求める場合は、医師より適切な診断と治療を受けてください。

<プロフィール>
斎藤糧三
1973年生まれ。1998年、日本医科大学卒業。その後、美容皮膚科治療、栄養療法、点滴療法、ホルモン療法を統合したトータルアンチエイジング理論を確立。2008年、機能性医学の普及と研究を推進するため『日本機能性医学研究所』を設立。2013年、「食で日本を健康にします」をモットーに、「一般社団法人日本ファンクショナルダイエット協会」を設立。2017年、スーパーフードとしての牧草牛の普及を目指し、日本初の牧草牛専門精肉店「Saito Farm 麻布十番」をオープン。2018年、ソフトウエア医療機器の開発企業として株式会社「ライフクエスト」を設立。

【画像・参考】
※1 緊急特集!! 免疫力アップの鍵はコレだ!! | 健康づくりかわら版 
※2 高齢者の睡眠 | e-ヘルスネット(厚生労働省)
※fizkes・Danijela Maksimovic/Shutterstock
※mdストア・サンフード・新日本製薬

【おすすめ記事】
【PR】週7時間の運動は欠かさない!50代「トライアスロンコーチ」が、健康のために続けていることとは?
【食事術】40代・50代こそ“腸内ケア”すべき!? 夫婦で取り入れたい「善玉菌を増やす習慣」
【健康法】「ぎっくり腰がきっかけで…」栄養専門医が実践する“健康法”とは
【免疫】新しい環境で体調崩してない?副交感神経を優位にする「3つのポイント」とは
【サプリ】「自分に合ったサプリって…?」フォロワー10万人超の薬剤師が教える、サプリの注意点
【メンタル】「何をやってもうまくいかない…」現役心理士が教える、“鬱”から身を守る方法