専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > 思い込みは捨てて!今すぐ見直したい「オトナの紫外線ケア」特集

思い込みは捨てて!今すぐ見直したい「オトナの紫外線ケア」特集

本格的に“紫外線”が気になる季節になってきました。すでに対策を始めたWWO読者の方も多いのではないでしょうか?

でも、あなたが正しいと思ってやっている紫外線ケア、本当に“正しい”ですか?

「いろんな方法を試してきたからこそ、私にはコレがいいに決まっているの」

年齢を重ねれば、どんどん“自分流のケア法”が確立されていくもの。

だけど、もしそれが間違っていたら……?

あなたの“思い込み美容”、本当に正しいかチェックしてみてください!

 

「室内焼け防止」に最適なSPFは…?

http://www.shutterstock.com/

“室内日焼け”であっても、UVAは肌の奥深くのエラスチンやコラーゲンといった組織までも変性するため、シミのみならずシワやたるみといった肌老化へとつながってしまいます。そのため、室内でも“最低限の紫外線対策”が必要なのです。とはいえ、外出時と同じ強さの日焼け止めでは、肌に優しくありません。室内日焼け防止に最適なSPFは……?

特集ボタン

 

髪のケアも忘れずに!美容師がオススメするアイテム

shutterstock_390196507

 残念ながら傷んだ髪は完全には復活しません。だからこそ、普段から紫外線から髪を守ることが大切になります。美容師がオススメするのはUVケア効果のあるヘアケア剤で髪をコーティングする方法。特に大人の女性にオススメなアイテムはこの3つ!

特集ボタン

 

紫外線を浴びてしまった…そんなときに大切なのはケアまでの「時間」なんです! 

shutterstock_392375377 

日焼けは“やけど”と同じです。冷たいシャワーや保冷材、冷やしタオルなどを使って肌の炎症を鎮めるのは当たり前。だけど、実は、特に炎症が一番ひどくなる時間があり、その前に炎症を抑えなければ、メラニンの生成がはじまってしまうのです。

特集ボタン

 

しっかり紫外線ガードしたらOKだと思ってない?

日焼け止めには“紫外線吸収剤”と“紫外線散乱剤”という成分の粉が含まれています。この紫外線散乱剤はSPF値が高いと粉の量が多く、その粉が皮脂を吸着するため肌が乾燥しやすくなってしまうのです。

特集ボタン

検索窓を閉じる