専門家が集まる美と健康メディア

【スペシャル】管理栄養士に学ぶ私のキレイをつくるレシピ‐甘酒編‐

Woman Wellness Online > スペシャルコンテンツ > 甘酒モリンガスムージー

美肌はもちろん体にイイこと尽くしの“甘酒”。飲む点滴と呼ばれるほど栄養が豊富に含まれている発酵食品で、糀の自然な甘さもダイエットの味方ですよね。

今の季節はあったか~い甘酒を取り入れている人も多いと思いますが、毎日飲んでいると正直マンネリ化してしまうもの。

そこで、Woman Wellness Onlineが誇るWellnessアンバサダーである管理士栄養士のみなさんに、甘酒を使ったキレイになれる美容レシピを教えてもらいました!

どれも簡単なもので見た目もオシャレなものばかりだから、明日から甘酒LIFEがさらに加速するはず!

PHOTOS BY NAOTO HAYASAKA(Y’s C Inc.)
WRITING BY AYA YAZAKI
ART DIRECTION & DESIGN BY KEISUKE SHODA

甘酒モリンガスムージー


肌のくすみやお疲れ顔に悩んでいるなら、モリンガや豆乳をプラスしたスムージーはいかが? 朝食はもちろん、スムージーダイエットにもぴったり。

甘酒モリンガスムージー
材料

・プラス糀 米糀からつくった甘酒 1本
・豆乳 1/4カップ(50cc)
・ヨーグルト 1/4カップ(50cc)
・モリンガパウダー 小さじ1+飾り用(少々)
・ミント


とにかく簡単すぎて所要時間は1分!?

作り方 1:甘酒、豆乳、ヨーグルト、モリンガパウダーを混ぜる。
2:混ぜたものをコップに入れてモリンガパウダーを散らしたら、ミントを添えて。
※ 手早く済ませたいのであれば、ミキサーやブレンダーで混ぜると一瞬で出来上がります。

取り入れたいタイミングは朝!

『甘酒モリンガスムージー』は、超時短の朝ごはんとして飲むのが一番。お腹の中がまっさらな朝は吸収がよく、栄養がグングン体に染み込むタイミング。 だけど、甘酒って少なからず糖分が入っているから、朝一番は太りやすくなるのでは?と思うのは勘違い! 豆乳が壁の役割を果たすため、血糖値の急上昇を防ぐことが期待できます。 もうちょっとドロッとしたほうがお腹に溜まりそうと思う場合は、豆乳の変わりにお豆腐を。サラッとしているほうがよければ、ライスミルクや牛乳でも。

お疲れ顔、くすみ、シミ…あらゆる不調を打破

モリンガは人間が必要なビタミン、ミネラル、アミノ酸などの栄養素がバランスよく含まれているだけではなく、大人の女性にうれしい成分も。顔のくすみやシミ、毛穴の開きなどのいわゆるエイジングサインを引き起こす活性酸素に対抗してくれるポリフェノールが豊富なんです。
そこに女性ホルモンに似た働きをしてターンオーバーの促進やコラーゲンの促進をしてくれる豆乳、腸内環境を整えるヨーグルトを混ぜることで、スーパー美肌スムージーに。
ちろん肌だけじゃなく、ダイエットや生活習慣病予防も期待できますよ。

Product
今回使用した商品

 


プラス糀 米糀からつくった甘酒 – マルコメ

加糖でもほっこりやさしい米・米糀の自然な甘みを引き出したストレートタイプの甘酒。酒粕の甘酒と違ってアルコール0%なので人や場所、時間を選ばずライフスタイルに合わせて飲めるところがうれしいポイント! そのまま飲んでもよし、料理にも使いやすい万能の甘酒です。

検索窓を閉じる